新井由木子【まだたべ】vol.031 キヨシと地図を作るの巻

“楽しい古地図を作る”ことは、楽しいけれど、楽ではない? “まだ食べたことのないもの”が気になって仕方がないイラストレーター・新井由木子さんが、食べるモノや関わるヒトと奮闘する日々を綴ります。

 2019年の1月は、ひたすら古地図を描いておりました。

 描いたのは、わたしの書店ペレカスブックのある草加宿場町通りの大正時代の姿。全長約1.4キロの宿場町通りにあったのは、わたしの数えたところによると、商店168、飲食店21、農家4、せんべい店4、医院4、旅館2、銭湯3、豆腐屋2、職人さんの住居38。それから郵便局、銀行、警察、役場、お寺2、神社2、裁判所。道に面して小さな店先がずらりと並ぶ、華やかな宿場町通りだったのでした。

 そしてこの地図は、2月から草加中央図書館での展示が決まっていました。1.4キロの道の両側に立ち並ぶ合計255の建築物を、展示スペースの長さ4mに縮めて描くのです。

※【まだたべ】は、【思いつき書店】として世界文化社公式noteに移転しました。
連載はこちら

 

文・イラスト・写真:新井由木子(あらい ゆきこ)/東京都生まれ。イラストレーター・挿絵描き。埼玉県草加市にある書店「ペレカスブック」店主。挿絵や絵本の制作のかたわら書店を営む。著書に『誰かの見たもの 口伝怪奇譚』『おめでとうおばけ』(大日本図書)、『まんじゅうじいさん』(絵本塾出版)ほか。「この世はまだ たべたことのないものだらけ。東京に近い埼玉県の、とあるカフェの中にあるペレカスブックで、挿絵や絵本を作りながら本屋を営んでいます。料理は上手ではないけれど、生まれ故郷の式根島と、草加せんべいの町あたりを行き来しながら、食べること周りのことを書いてゆきます」
http://www.pelekasbook.com
Twitter:@pelekasbook

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る