東雲輝之【新鮮すぎる魚が食べたい。】-vol.69- 初夏に出合う珍味『ウミタナゴガラス』

お腹の中から現れる可愛いやつらとは? 初心者でも楽しく釣って、おいしく食べる方法を、アウトドアライター・東雲輝之さんに教わる連載です。

海水温が日増しに暖かくなると、多くの魚が産卵のために岸に集まってきます。なかでもこの時期によく釣れるのが「ウミタナゴ」というお魚です。しかもこの時期のウミタナゴには、運が良ければ素晴らしい“珍味”も込みで出合うことができます。

『ウミタナゴ』ってどんな魚?

ウミタナゴは、北海道中部以南の日本各地の沿岸に広く生息している海水魚です。

体長は約25cm。名前の由来は、川に棲む淡水魚の「タナゴ」とよく似ているからとされており、釣り人の中にもウミタナゴを「タナゴ」と呼ぶ人もいます。しかし、コイ目のタナゴと、スズキ目のウミタナゴは、生物学的にはまったく違う魚なので、同じ名前で呼んだとしてもこの2種がゴチャゴチャにならないように注意しましょう。

どこで釣れるの?

ウミタナゴは、磯や防波堤といった場所に、小規模な群れを作って生息しています。とても臆病な魚なので、ゴツゴツした岩場や、生い茂った海藻など、魚が身を潜めやすそうな場所を探してみましょう。

どうやって釣るの?

ウミタナゴは、小さなエビやプランクトン、ゴカイなどを食べる魚です。よって釣り方は、小さな針とウキを使った、“フカセ釣り”と呼ばれる仕掛けが最適です。

ウミタナゴは一度餌に食いついても、餌を吐いたり吸い込んだりして“遊ぶ”習性があります。よってウキは、水面で浮いたり沈んだりと「もぞもぞ」した変な動きをするので、上手くタイミングを合わせて魚の口に針が掛かるようにしましょう。

美味しく調理するコツは、塩で余分な水分を抜くこと

ウミタナゴは、初夏の海釣りではとてもメジャーな魚ですが、釣った後はリリースされることの多い魚です。実際にウミタナゴの身は少し水っぽく、旨味もあまりないため「美味しくない」という声がよく聞かれます。

しかし、ひと手間をかければウミタナゴは決してマズイ魚ではありません。身は水っぽいため、まず一度、たくさんの塩をしっかりと揉みこんで、キッチンペーパーに包み、一晩ほど冷蔵庫で寝かせて水気を切ります。余分な水分を抜けば身が引き締まって旨味が増すので、あとはそのまま焼いても良し、煮魚にしても良しの美味しいお魚です。

知られざる珍味は……稚魚!?

実を言うとウミタナゴの本当の魅力は身ではなく、“稚魚”にあります。

一般的に「魚」というと、卵を産む「卵生」の生物だと思われていますが、魚の中にはお腹の中で卵を孵(かえ)して稚魚を産む「胎生」に近いものもいます。

実はこのウミタナゴも「卵胎生」の魚で、春から初夏にかけての産卵シーズンには、お腹の中にたくさんの稚魚が入っていることがあります。

お腹の中からワラワラと出てくる稚魚を見て「気持ち悪い!」といって捨ててしまう人もいますが、それはすごくモッタイナイ! せっかく運良く稚魚と出合えたのですから、美味しく料理しなければバチがあたります。

稚魚の塩漬け、ウミタナゴガラス

ウミタナゴの稚魚は、まず真水でサッと洗い、薄く塩をして一晩ほど冷蔵庫で寝かせましょう。

普通、ウミタナゴはゴカイなどの餌を食べているので、内臓は臭くて食べられたものではありません。しかしお腹の中にいた稚魚は、まだ餌を食べていないため、強い旨味と豊かな磯の香りを持つ内臓ごと、そのまま食べることができるのです。

意外な食べ方だと驚かれるかもしれませんが、沖縄にはアイゴという魚の稚魚(スク)を使った塩漬け(スクガラス)という伝統料理があります。スクガラスはアイゴの骨が硬いため3カ月以上熟成させなければ食べられませんが、ウミタナゴの骨は軟らかいので、新鮮なうちに食べてしまいましょう。

ウミタナゴは卵胎生なので、古くは「子宝に恵まれる縁起物」として、若い女性が食べていたと言われています。ただし地方によっては、妊婦が食べるのを忌む場合もあるようです。また中には、「お腹の稚魚を食べるのはちょっと……」という方も多いかと思います。そういう方は、お腹が膨らんだウミタナゴを釣ったときは、優しく海に帰してあげましょう。



【新鮮すぎる魚が食べたい。】は、毎週金曜日に掲載します。
 

文・写真・イラスト:東雲輝之(しののめ てるゆき)/1985年生まれ、福岡県北九州市出身。猟師&ライター。狩猟や釣り、養蜂など、自然から食を得て楽しむ“キャッチ&イート”をメインテーマとしたアウトドアライター。ジビエの流通やニホンミツバチ養蜂などの活動も行う。著書「これから始める人のための狩猟の教科書」、「イラストマニュアルはじめての養蜂」など(共に秀和システム)。
ブログ「チカト商会」https://chikatoshoukai.com/
Twitter:@rakurou21

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る