東雲輝之【新鮮すぎる魚が食べたい。】-vol.81-“おめで鯛”はわたしです『キダイの塩焼き』

タイシリーズが続く、おめでタイ季節です。あなたはどのタイプのタイがお好き? 初心者でも楽しく釣って、おいしく食べる方法を、アウトドアライター・東雲輝之さんに教わる連載です。

この世の中にあらゆる魚はあれど、「魚の代名詞」とも呼ばれるマダイは、釣り人の間でも釣れたら「こりゃめでたい!」と誰もが喜ぶ、人気のターゲットです。しかしちょっと待ってください! 皆さんのよく知る「おめで鯛」って、実はマダイではなく、大抵は「キダイ」だったりするんです。

『キダイ』ってどんな魚?



キダイは、本州中部以南(但し瀬戸内海には見られない)から南シナ海、オーストラリアまでの西太平洋に分布する、マダイと同じタイ科の魚です。

見た目はマダイにそっくりですが、体の所々が黄色味を帯びており、体長は20~40cmで、1m以上にも成長するマダイに比べて小型です。

正式和名は「キダイ」ですが、釣り人や漁師さんの間では「レンコダイ」または単に「レンコ」と呼ばれることが多く、お店でもこの名前で売られています。

どこで釣れるの?



キダイは、水深50~200mの深い海底付近に生息する魚です。そのため、防波堤や磯からでも釣ることができるマダイとは異なり、キダイは船の上からでないと釣れません。

どうやって釣るの?


 
キダイの釣り方はマダイとほぼ同じで、タイラバが効果的です。

キダイは群れを作って移動する魚なので、1匹釣れたら同じ場所で何度もタイラバを投入してみましょう。

「レンコダイ(連子鯛)」という名前が、網を使った漁で次から次へと連なって漁獲されることから付けられたように、運が良ければ10~30匹以上もの大漁が狙えます。

口から「ウオノエ」が出てきても驚かないで!



キダイを処理するうえでひとつ覚えておいてほしいのが、キダイの口の中には、よく「ウオノエ」と呼ばれる寄生虫が付いていることです。

ウオノエは、タイやサヨリ、アジなどの口内に寄生する、ダンゴムシのような生物です。

「寄生虫」と聞くと、なんだかとても恐ろしく思えますが、ウオノエはたとえ人間が間違って食べたとしても害があるわけではありません。

しかし、調理中に魚の口の中から「もぞもぞ」と這い出てくることがあるので、驚いて包丁を落としたりしないように注意しましょう。

マダイよりも身がホクホク! 焼き物で真価を発揮!



釣り人の中には、「キダイは鯛の中でも下級」なんてことを言う人がいますが、お正月などのお祝い事に出てくる、尾頭付きの塩焼きや、鯛めしといった「おめで鯛」料理のほとんどに、このキダイが使われます。

キダイが「おめで鯛」に使われる理由は、もちろんマダイと比べ値段が安いからというのもありますが、キダイの身はマダイよりも水分が多く、焼くと「ほくほく」になり、焼き物や煮物に向いています。また冷めても身質が固くなりにくいという特長もあるため、お節料理のようなお祝い料理には最適です!


【新鮮すぎる魚が食べたい。】は、毎週金曜日に掲載します。
 

文・写真・イラスト:東雲輝之(しののめ てるゆき)/1985年生まれ、福岡県北九州市出身。猟師&ライター。狩猟や釣り、養蜂など、自然から食を得て楽しむ“キャッチ&イート”をメインテーマとしたアウトドアライター。ジビエの流通やニホンミツバチ養蜂などの活動も行う。著書「これから始める人のための狩猟の教科書」、「イラストマニュアルはじめての養蜂」など(共に秀和システム)。
ブログ「チカト商会」https://chikatoshoukai.com/
Twitter:@rakurou21

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る