東雲輝之【新鮮すぎる魚が食べたい。】-vol.82- その美味しさにあやかりタイ!『イトヨリダイのアクアパッツァ』 

タイシリーズが続いておりますが、今回は「アヤカリタイ」お魚の登場です。うーん、その美しさ、あやかりたい! 初心者でも楽しく釣って、おいしく食べる方法を、アウトドアライター・東雲輝之さんに教わる連載です。

マダイやキダイ、クロダイなどの、タイ科の“正統派・鯛”に対して、アマダイやイシダイ、アオブダイなどの「鯛の名は付くけどタイ科ではない魚」は、俗に「あやかり鯛」と呼ばれます。しかし覚えておいていただきたいのが、「あやかり鯛」の魚たちがタイ科の魚に味で劣るわけではありません! なかでも「イトヨリダイ」は、その味において“正統派・鯛”たちに勝るとも劣らない実力を持っています。

『イトヨリダイ』ってどんな魚?



イトヨリダイは、東シナ海、南シナ海などに分布するイトヨリダイ科の海水魚で、日本では沖縄を除く本州中部以南に生息しています。

体長は約40cmほどで、淡いピンクの細長い体の側面に伸びる6本の黄色いラインと、尾ビレの上端部が糸のように長いことが特徴です。泳ぐ時に、尾ビレが黄色と赤い糸をより合わせるように見えることから、「イトヨリ(糸撚)」という名前が付けられたとされています。

どうやって釣るの?



イトヨリダイは、水深がおよそ40~100mの泥底に生息しています。よって、アマダイやレンコダイなどと同じように、船上から釣るのが一般的です。

イトヨリダイを船から釣る場合は、毎度おなじみのルアー“タイラバ”を使うのがオススメですが、今回はタイラバよりも簡単な『一つテンヤ』という仕掛けをご紹介しましょう。

一つテンヤは、オモリに太い針が1本と、糸に結ばれた小さな針が1本付いています。太い針は、餌となるシバエビなどの尾に取り付け、小さい針は腹や背に引っ掛けて使います。

一つテンヤは、オモリに対して針のほうが軽いため、海に沈めると餌のエビが「ぴょこぴょこ」と動きます。この「ぴょこぴょこ」した動きが、まるで生きているエビのように見えるため、初心者でも簡単に、マダイやアマダイ、カサゴ、そしてイトヨリダイなどの獲物を狙うことができるのです。

イトヨリダイの定番『アクアパッツァ』

イトヨリダイは身がとても柔らかく崩れやすいので、お刺身で食べるのには向いていません。しかしイトヨリダイの身は、クセがまったく無い白身なので、和洋中のどんな味付けにもマッチします。

新鮮なイトヨリダイが釣れたら、是非試してもらいたい料理が「アクアパッツァ」です。作り方はまず、三枚におろしたイトヨリダイの身に軽く塩をして10分ほど置き、身から余分な水分を抜きます。



次にフライパンにたっぷりのオリーブオイルと、つぶしたニンニクを入れて炒め、イトヨリダイの身を皮側から焼きます。



イトヨリダイの皮がしっかりと焼けたら裏返し、ナスやパプリカ、ミニトマト、ズッキーニやカリフラワーなどの色々な野菜を加えて、しっかりと炒めます。



野菜に火が通ったら、300gほどのアサリを加え、白ワインを2カップ、塩・コショウ、少々のアンチョビ(なければナンプラー)を加えて、フタをします。

イタリア・ナポリの伝統料理「アクアパッツァ」は、日本語に直訳すると「暴れる水」という意味です。これは、フライパンに白ワインを注ぎ込んだとき、オリーブオイルが「バチバチ!」と跳ねて飛び回ることが由来だといわれています。よって、白ワインを加えてすぐにフタをしないと、油が飛び跳ねまくってキッチンがベタベタになるので、必ず手元にフタを置いておきましょう。



アサリの口が開いたら火を止めて完成です! フタは料理を食べる直前まで閉めておきます。開けたタイミングでイタリアンパセリをパラッと振りかけると、立ち上る蒸気がパセリに絡むので、パセリの香りが一層引き立ちます。



イトヨリダイは、クセが無いながらも、白身の旨味が凝縮しており、さらにほどよく脂が乗っているため、アクアパッツァのような料理によく合います。

締めはアクアパッツァの汁に茹でたパスタを加えていただきましょう。イトヨリダイから染み出した魚の旨味と、アサリのエキス、野菜の旨味が凝縮され、またとない絶品です!



【新鮮すぎる魚が食べたい。】は、毎週金曜日に掲載します。
 

文・写真・イラスト:東雲輝之(しののめ てるゆき)/1985年生まれ、福岡県北九州市出身。猟師&ライター。狩猟や釣り、養蜂など、自然から食を得て楽しむ“キャッチ&イート”をメインテーマとしたアウトドアライター。ジビエの流通やニホンミツバチ養蜂などの活動も行う。著書「これから始める人のための狩猟の教科書」、「イラストマニュアルはじめての養蜂」など(共に秀和システム)。
ブログ「チカト商会」https://chikatoshoukai.com/
Twitter:@rakurou21

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る