東雲輝之【新鮮すぎる魚が食べたい。】-vol.88- 知は“旨い”なり『ヨコスジフエダイのお刺身』

「知らない」より「知っている」ほうがオイシイ思いをする、というのは釣りの世界でも同じようです。初心者でも楽しく釣って、おいしく食べる方法を、アウトドアライター・東雲輝之さんに教わる連載。「ヨコスジフエダイ」、ご存じでしたか?

釣りをしていると、“名も知れぬ魚”が釣れることもあります。このとき釣り人の多くは、そのよくわからない魚をリリースしてしまうのが普通なのですが、実はそんな魚の中に、隠れた高級魚がいたりします。例えばこの「ヨコスジフエダイ」は、知名度こそありませんが、とても美味しいお魚として、市場では高い値段が付きます。

『ヨコスジフエダイ』ってどんな魚?



ヨコスジフエダイは、日本では日本海や太平洋の沿岸に広く生息する体長40cm前後の海水魚です。新潟県から九州北部の西岸、宮城県から九州南岸までに生息しています。

見た目の特徴としては、目から尾ビレにかけてまっすぐ伸びる黒い線があり、真ん中よりちょっと尾に近い部分に、丸い黒斑があります。

ヒレが黄色いことと、この横筋の線から、イサキの仲間だと勘違いされることが多く、地方によって『アカイサキ』と呼ばれることもありますが、本当のアカイサキは全く別の種類です。ヨコスジフエダイはフエダイの仲間であり、イサキとは生態や食味などが大きく違います。

どこで釣れるの?



ヨコスジフエダイは、比較的水深の浅い岩場に生息しています。よって磯のような陸地からでも釣ることができますが、磯から釣れるのは、せいぜい20cm程度なので、30~40cmを超える大物を狙いたいのであれば、やはり船上から釣るのが一番です。

意外と、船が進入できない岩場周りなどにも潜んでいるので、カヤックで釣りをするのも良いでしょう。

どうやって釣るの?



ヨコスジフエダイを一人用ゴムボートやカヤックの上から釣るのであれば、ルアー(オフショアジグ)がお手軽です。

また、ヨコスジフエダイはマダイ釣りの外道としてもよくお目にかかるので、タイラバや一つテンヤでも良いでしょう。

ヨコスジフエダイは、意外とパワーのある魚なので、針に掛かると強い力でグイグイと引っ張ってきます。無理やり力を入れて引っ張ると、針が抜けてしまうので、魚とのやり取りを慎重にして釣り上げましょう。

厄介なウロコの処理は大根を使って

ヨコスジフエダイも、普通の魚のように調理すればよいのですが、ひとつ困った問題があります。それは、ウロコが薄くて硬いので、ウロコを取るとものすごく散らばることです。

このヨコスジフエダイのウロコ取りをキッチンでやろうものなら、ウロコがあちこちに跳ね回り、その勢いは天井にまで張り付くほどです。よってヨコスジフエダイは、なるべく釣った現場でウロコを取るようにしましょう。

もしウロコ取りを忘れてしまった場合は、最終兵器として“大根”を使うという手もあります。大根は、料理に使わない葉の根元の部分を切って、大根をおろすようにゴシゴシ動かします。すると、ウロコが大根に刺さって取れるので、綺麗に取り除くことができます。

透き通る白身はお刺身が抜群!

おそらくほとんどの方が見たことも聞いたこともないと思われるヨコスジフエダイですが、実は意外と高級魚で、1kgが1000円程度と、マダイと同じぐらいの値段が付きます。

その食味は、繊細ながらも旨味があり、マダイに負けずとも劣らない味わいがあります。



船釣りをしていると、ヨコスジフエダイを釣り上げたオジサンが、「なんだよ! マダイじゃないのか!」なんてことを言って、海に捨てようとします。そんなときは、ソソソ……と近寄り、缶ジュース1本を渡してもらい受けましょう。魚について知っていることが多ければ、美味しいものに巡り合える機会も多くなるのです。



【新鮮すぎる魚が食べたい。】は、毎週金曜日に掲載します。
 

文・写真・イラスト:東雲輝之(しののめ てるゆき)/1985年生まれ、福岡県北九州市出身。猟師&ライター。狩猟や釣り、養蜂など、自然から食を得て楽しむ“キャッチ&イート”をメインテーマとしたアウトドアライター。ジビエの流通やニホンミツバチ養蜂などの活動も行う。著書「これから始める人のための狩猟の教科書」、「イラストマニュアルはじめての養蜂」など(共に秀和システム)。
ブログ「チカト商会」https://chikatoshoukai.com/
Twitter:@rakurou21

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る