基本中の基本! スパイスの使い方と保存方法、3つのポイントを簡単におさらい

料理人の個性がクセになる“間借りカレー”が話題になったり、自宅でもオリジナルカレーを作る人が増えたりと、スパイスの虜になる人が続出中。でも、どうやって使えばいいの? 残ったスパイスはどうやってしまっておけばいいの? スパイス初心者にはそんな素朴な疑問も続出。そこで、スパイスの達人たちがまとめた本『いちばんくわしい スパイス便利帳』から、スパイスの使い方と保存方法の3つの基本的なポイントをさくっとご紹介します。

スパイスは香りが命。より有効に使う方法をご紹介します。

軽く手でもむ、つぶす


タイムやオレガノ、ローズマリーなど葉や茎のスパイスを投入するときは、手で軽くもむと手の熱と摩擦で、香りが立ちやすくなります。マスタードシード、カルダモン、コリアンダーシードなどの種は、(用途にもよりますが)つぶすと香りが立ちやすく、キャラウェイシードをそのまま食べるとき、手でもむとふわっと柔らかい香りが立ちます。

油は温めてから


油にスパイスの香りを移すときは、あらかじめ油を温めておきます。冷たいままスパイスを投入すると油を吸って、香りが移りません。また熱しすぎると焦げて苦味が出るのでご注意を。スパイスを投入したときに、シュワーとすぐに泡が立つくらいに温めておきましょう。フェヌグリークは苦味が出やすいので、比較的低温のうちに投入します。

冷暗所に保存


スパイスは乾燥しているため、保存性が高く日持ちします。しかし、退色するものも多いため、直射日光はもちろんのこと、キッチンでも出しっぱなしにせず、使うたびに冷暗所にしまいましょう。特にターメリックやパセリ類は退色しやすいので注意してください。スパイスによっては冷蔵保存をおすすめしているものもあります。

監修:朝岡スパイス/1981年の創業以来、スパイスの素晴らしさを日本の食卓に伝えてきた朝岡スパイス株式会社の皆さん。同社は良質なスパイスを扱うことでも定評があり、透明なガラス瓶に入ったスパイスは、ご存じのかたも多いはず。監修にご協力いただいたスパイス達人の皆さんは、日々、仕事でも家庭でもスパイス使いの研究に余念がなく、カバンにもスパイスが入っているとか!? 
http://www.asaokaspice.co.jp

撮影:西山 航

いちばんくわしい スパイス便利帳の関連記事