純米酒を1升造るのに必要な玄米と田んぼの面積を知っていますか?

桜の季節の日本人らしい風習と言えば、お花見ですね。今年の花見酒は日本酒にしませんか。今日は「1日1合純米酒! 田んぼの未来を燗がえる!」をモットーにご活躍中の酒食ジャーナリスト、山本洋子さんがまとめた本『厳選日本酒手帖』から、意外と知らない日本酒と田んぼの関係についてご紹介します。「純米酒1升1本飲めば、田んぼ1坪分(2畳)飲み干したことになります」。

作付面積第2位の酒米「五百万石」は、「山田錦」に首位を譲るまで長くNo.1だった。最盛期に生産高が500万石を超えたのを記念して五百万石と名づけられた。加賀百万石にも使われる「石」。イシじゃなくてコクと読む。コクってなんだ?

1石(いっこく)とはその昔、大人1人が1年間に食べる米の量だった。つまり加賀百万石は100万人が食べていける国を意味する。そして1石がとれる田んぼの面積を1反(いったん)と呼ぶ(妖怪の“一反”木綿とは別単位)。生活に密着したわかりやすい単位が日本にはあったのだ。

2018年度に廃止が決まった減反政策だが、今なお100万ha以上の田んぼで米が栽培されていない。反数にしたら1,000万反、つまり1,000万人が食べていける面積が遊んでいる。もったいない。

ここでちょっと酒を計算してみよう

米(米麹)+水 = 醪(もろみ)
      醪 = 酒+酒粕
    純米酒 = 米+水−酒粕

純米酒造りで、米と水から醪を造り、醪を搾って酒粕を除くと純米酒の出来上がりだ。

純米酒造りだと、水は米の約1.4倍、「粕歩合」という酒粕の比率は約0.3倍(※1)。そこから計算すると、仕込んだ米の約2.5倍の純米酒ができる。

逆に計算すると、1升の純米酒は1kgの玄米から造られる(※2)。

農薬化学肥料に頼らずスカスカと間隔を空けて育てる田んぼでは、平均1反あたり6俵(360kg)という。すなわち純米酒360本分だ。1反は約1,000平方メートルだから、360で割ると、純米酒1本造るのに必要な田んぼは約3平方メートル、

つまり1坪・2畳分!

それでは減反中の田んぼを活かして純米酒を造った場合、1升瓶36億本だ。結構多いような気がするが、日本の成人人口1億人で割れば、1人年間36本、1日当たりたったの1合じゃあないか。

1日1合純米酒!

純米吟醸、純米大吟醸ならもっといいね!

※1 粕歩合は純米より純米大吟醸の比率が高くなる。
※2 70%精米の純米酒の場合

山本洋子(やまもと ようこ)/酒食ジャーナリスト 地域食ブランドアドバイザー。鳥取県境港市・ゲゲゲの妖怪の町生まれ。素食やマクロビオティック・玄米雑穀・野菜・伝統発酵調味料・米の酒をテーマにした雑誌編集長を経て、地方に埋もれた「日本のお宝! 応援」をライフワークにする。「日本の米の価値を最大化するのは上質な純米酒」+穀物、野菜・魚・発酵食、身土不二、一物全体を心がける食と飲生活を提案。地域食ブランドアドバイザー、純米酒&酒肴セミナー講師、酒食ジャーナリストとして全国で活動中。境港FISH大使。著書『純米酒BOOK』。モットーは「1日1合純米酒! 田んぼの未来を燗がえる!」。
www.yohkoyama.com
撮影:森谷康市
(写真は、農薬化学肥料を極力減らした天の戸・森谷杜氏の美山錦田圃。明け方、細かい霧をまとったクモの巣が逆光に浮かび上がる。「そろそろタニシを食べにカラスやサギがやってくる頃」と杜氏。)

知ればもっとおいしい! 食通の常識 厳選日本酒手帖の関連記事