片手フードが街歩きにピッタリ! 手軽で美味しいイタリア流ストリートフード・その2

前回に続き、美味しいイタリア流ストリートフードのご紹介第2弾。日本では、街歩きにはタピオカをはじめ「片手ドリンク」が人気ですが、こちらは片手フードにもぴったり。日本に上陸してほしいのはどれ? イタリアを拠点に旅と料理のジャーナリストとして活躍中の池田愛美さんと池田匡克さんの著書『完全版 イタリア料理手帖』からご紹介します。

フォカッチャ・ディ・フォルマッジョ・ディ・レッコ

リグーリア州のジェノヴァより東側の名物、フォカッチャ・ディ・フォルマッジョ・ディ・レッコは、レッコで作られるフレッシュクリームチーズをごく薄い生地に挟んで焼いたもの。パリパリの生地とさっぱりとしたチーズの組み合わせ。

アランチーノ

アランチーノは丸形もあるが、円錐形に作るのがシチリア州の伝統。食べる時は逆さにして細い方を手に持つ。

カンノーリ

シチリア州のカンノーリはフォークを使わずに食べるストリートスイーツ。筒状に揚げた生地のなかに、チョコレートチップ入りのリコッタクリームを詰める。生地が湿気やすいので、注文ごとにクリームを詰めることも多い。

オリーヴェ・アッラスコラーネ

マルケ州のアスコラーナ種と呼ばれる肉厚で大粒のオリーブの実の種を抜き、挽肉種を詰めてパン粉をまぶして揚げた、オリーヴェ・アッラスコラーネ。

パンツェロッティ

プーリア州のパンツェロッティは揚げパンの一種。ハムやチーズのほか、さまざまな具を詰めて揚げる。

ランプレドット

フィレンツェのストリートフードといえば、ランプレドット。牛の第四胃袋をじっくりと茹であげ、半分に切ったパンにのせ、サルサ・ヴェルデ(イタリアンパセリのソース)またはサルサ・ピッカンテ(唐辛子ソース)をかけ(あるいは両方ともかけて)、パンの上半分を茹で汁にさっとくぐらせてから挟む。



パーニ・カ・メウサ

パーニ・カ・メウサ(パーネ・コン・ラ・ミルツァ)は、シチリア州パレルモ伝統のストリートフード。仔牛の脾臓と肺を茹で、ラードで揚げ煮にしたものをごま付きバンズで挟む。細切りにしたチーズ(カチョカバッロまたはリコッタサラータ)も加えたものはマリタータと呼ぶ。

茹でソーセージとセンメルパン

ドイツ文化圏のアルト・アディジェ州では、茹でソーセージとセンメルパンの屋台をよく見かける。ソーセージに砂糖入りの甘いマスタードがあう。

ネッチ

栗の粉のクレープ、ネッチはトスカーナ州ルッカ以北の伝統。そのまま、あるいはリコッタを包んで食べる。

ポルケッタ

ローマの南、アリッチャは仔豚の丸焼きポルケッタの名産地。形を残したまま骨を抜き、塩とハーブとニンニクを詰めて焼く。ナイフでそぎ切りにしてパンに挟むのが定番の食べ方。


甘いクレープから仔豚の丸焼きまで、実にさまざまな美味しさがあふれるイタリアのストリートフード。イタリアに行ったら、真っ先に食べたいものは何ですか? 
 

文・写真:池田愛美、池田匡克(いけだ まなみ、いけだ まさかつ)/出版社に雑誌編集者として勤務後、1998年イタリアに渡る。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションの分野でインタビュー、取材、撮影、執筆活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書は『シチリア美食の王国へ』(東京書籍)、『イタリアの老舗料理店』(角川書店)、『サルデーニャ!』(講談社)、『フィレンツェ美食散歩』『ローマ美食散歩』『アマルフィ&カプリ島』(以上、ダイヤモンド・ビッグ社)、『伝説のイタリアン、ガルガのクチーナ・エスプレッサ』(河出書房新社)、『Dolce! イタリアの地方菓子』『極旨パスタ』『最新版 ウィーンの優雅なカフェ&お菓子』(以上、世界文化社)など。
主宰サイトoffice-rotonda.jp
イタリアの旅と料理をテーマにしたWEBマガジンsaporitaweb.com

完全版 イタリア料理手帖の関連記事