スギアカツキ【たまごのはなし】第28回 カレーに「ギョクオチ(玉落ち)」は美味しさを増すキーワード

月見そばや、とろろ汁など、たまごを落として食べると美味しい料理は昔からありますが、今後は「ギョクオチ」もさまざまな料理の美味しいオプションとして定着するかもしれません。この連載では、「たまごが一番大好きな食材」という食文化研究家のスギアカツキさんが、その経験と好奇心を生かしたさまざまなアプローチで「たまご」を掘り下げます。

落としていいのは「たまご」だけ!?

ある日、食通の友人に誘われてカツカレーを食べに行った時のことです。訪れたのは、東京・虎ノ門にある、カツとカレーの店「ジーエス」。





このお店は、洋食の名店「旬香亭(静岡本店)」のオーナーが2018年にオープンさせたトンカツとカツカレーの専門店。旬香亭といえば、“おいしい揚げ物”が評判ですから、“カツ”と聞いて、迷うことなく足を運びました。

お店に入り、入口の券売機で食券を買おうとしたところ、目に飛び込んできたのが、「玉落ち(卵黄)ギョクオチ」というボタンでした。





「生卵」や「温泉卵」というボタンは、よそではよく見かけるものの、このような表現は初体験。驚きつつも、ボタンを押してみることにしました。





食券には、「ギョクオチ」。うん、なかなか良い感じで、ワクワクします。そして運ばれてきたのが、こちら。スリランカ風のさらりとしたスパイシーカレーの中に、卵黄が控えめにもったりと浮遊しています。





このなんとも抑えめな主張、満月に薄雲がかかったような品の良さが、かえって食欲をそそり、卵黄のまろやかさによって、スパイシーなカレーとサクサクジューシーなカツをテンポよく楽しむことができました。

カレーに「生卵」を落とすというトッピングは、大阪の「自由軒」を筆頭に、関西方面ではよく見かける食習慣。ルーと混ぜながら食べる楽しみを確かなものにしてくれるのが、まぎれもなく「たまご」の存在なのではないでしょうか。

さてさて、食べた後にふと心に残ったのが、「落とす」というワード。一般的には「落ちる」というネガティブイメージがあるせいで、食品等のネーミングにはあまり使われない用語です。でも、「たまごをポンと落とす」ことは、“乙な行為”として、好意的に受け入れられているような気がしませんか? 鶏がたまごを「産み落とす」というシーンが思い浮かぶからでしょうか。そんなことをつらつらと考えながら、たまごを愛する今日この頃です。



【たまごのはなし】は、ほぼ隔週火曜日に掲載します。

 

文・写真:スギアカツキ/食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)、女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)が好評発売中。
「みなさん、一番大好きな食べ物ってなんですか? 考えるだけで楽しくなりますが、私は『たまご』という食材に行きつきます。世界中どこでも食べることができ、その国・エリア独特の料理法で調理され、広く愛されている。そしてなにより、たまごのことを考えるだけで、ワクワクうれしい気分になってしまうんです。そこで、連載名を『たまごのはなし』と題し、たまごにまつわる“おいしい・たのしい・うれしい”エピソードを綴っていきたいなと思います」
Instagram:@sugiakatsuki
Twitter:@sugiakatsuki12

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る