食欲がない夏でも美味しい、お寺の朝ご飯「魚を入れない冷や汁」

妻の実家のお寺で教えてもらった、夏の朝ご飯。
細かく刻んだキュウリとミョウガ、炒りゴマに、生味噌を加えて氷水で伸ばした「冷や汁」です。
食欲のない夏の朝でも、これをご飯にぶっかけたら、さらさらといただけます。
冷や汁は宮崎の郷土料理が有名なんですが、あれはいりこや焼いたアジやサバなどを入れます。
しかしこの冷や汁は精進料理だからなのかもしれませんが、魚は入れません。
でも、普通に美味しいですよ(笑)。

昨日は自宅でどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。

●投稿大募集●
【ひびこれ家飯】コーナーでは、皆さまからの投稿を募集しています。
#ひびこれ家飯を付けてツイートをお願いします。

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る