麺弁当のバリエーションに困ったら、スープジャーで「春雨スープ」のすすめ

子どもがお弁当を持って出かける機会が増える夏休み。のどごしよくツルツルッっと食べられ、支度時間も短めな“麺弁当”が人気ですが、つい素麺やうどんが続いてしまう、というかたにおすすめなのが、本日ご紹介する春雨スープ。むくみ予防、疲労回復などにも効果のある春雨は、暑い夏にぴったりの食材。料理研究家の渡辺あきこさんに教えていただく、スープジャーのお弁当です。

鶏ささ身のだしが上品な味わい 春雨スープ

食材を細切りにして春雨に合わせると、つるっとした食感と心地いいのどごしが楽しめます。油を使っていないので、あっさり、さっぱり味に。

【材料(1人分)】
春雨(乾燥)…5g
鶏ささ身…30g
白菜…1/3枚(30g)
にんじん…1/12本(10g)
塩・こしょう…各少量
【A】水…1と1/2カップ
【A】鶏がらスープの素(顆粒)…小さじ1

【作り方】
1.春雨は湯に3分浸してもどし、4cm長さに切る。
2.白菜、にんじんは4cm長さのせん切りにする。鶏ささ身はすじを取り除いて細切りにする。
3.鍋にAを入れて2のささ身をほぐし入れて火にかけ、煮立ったら残りの2と1を加え、再び煮立ったらふたをし、弱火にして7~8分煮る。塩、こしょうを加えて味をととのえ、火を止める。
4.熱いうちにジャーに移す。

元気が出る食材 春雨

春雨には炭水化物が多く含まれており、カルシウム、カリウムの効果と相まって、夏バテなどの疲労回復、食欲増進に効果的です。むくみを予防・解消してくれる働きもあるのがうれしいですね。
 

渡辺あきこ(わたなべ あきこ)/料理研究家。料理学校の講師を務め、その後独立。現在は、雑誌、書籍、テレビ、新聞、講習会などで活躍中。和食を中心とした基本を踏まえた家庭料理を得意とする。著書に『毎日つくる園児のおべんとう』(大泉書店)、『渡辺あきこの東大合格ごはん』(主婦の友社)など多数。

撮影:大見謝星斗

こどもが喜ぶ スープジャーのお弁当の関連記事