スープ最高! 自分で作る絶品ラーメンは、塩分も脂肪も気にせずに飲み干しOK

昨日ご紹介した「ゆで鶏のポン酢和え」でできた、美味しい出汁。本日はこのゆで鶏のゆで汁を使った、絶品ラーメンを作りましょう。教えてくださるのは昨日に続き、東京・南麻布「分とく山」総料理長の野崎洋光さん。共著『簡単だから毎日作れるシニアごはん』からのご紹介です。

ラーメンは塩分や脂肪が気になりますね。でも、ゆで鶏のゆで汁を利用すれば、鶏肉とだし素材の旨みあふれる極上のラーメンスープが作れます。塩分濃度は吸いもの程度ですし、余分な油はいっさいないので、安心して全部飲むことができます。うどんでもおいしいです。

絶品ラーメン

【材料(2人分)】
中華生麺…2玉
にら…3本
長ねぎ…1/2本
醤油玉子…1個
大葉…4枚
焼きのり…1/4枚
スープ
 ゆで鶏のゆで汁…3カップ
 醤油…大さじ2と2/3
 豆板醤…小さじ1/2
 ラー油…少量


【作り方】
1. にらを4cm長さに切り、長ねぎは斜め薄切りにし、鍋に入れる。スープの材料も入れ、火にかけ、軽く煮立てる。

2. 別の鍋に湯を沸かし、中華生麺をゆで、水気をきる。2つの器にそれぞれ入れる。

3. 2に1を注ぎ入れ、醤油玉子を半分に切って盛り、大葉と半分に切った焼きのりをのせる。

野崎洋光(のざき ひろみつ)/東京・南麻布「分とく山」総料理長。1953年、福島県生まれ。従来の考え方にとらわれない自分の料理哲学を、やわらかな語り口で分かりやすく説く料理人として人気。つねに家庭料理の大切さ、家庭でしか作れないおいしさを唱えている。『和のおかず決定版』『和食のきほん、完全レシピ』(いずれも世界文化社刊)など、著書も多数。

撮影:南雲保夫

簡単だから毎日作れる シニアごはんの関連記事