芋煮の季節がやってきた! 人気料理家に教わる、家庭で楽しむ”いも煮汁”

山形の秋の風物詩といえば、芋煮会。そろそろ河原が芋煮会で賑わう季節がやってきました。そこで本日ご紹介するのは、人気の料理研究家・飛田和緒さんに教えていただく「いも煮汁」です。全国47都道府県に伝わる郷土料理のうち、汁ものだけを集めた著書『飛田和緒の郷土汁』からのご紹介です。

山形県の秋の風物詩ともいえる郷土汁。河原に仲間で集まって「芋煮会」を開くほど、地元の人に愛されています。地域によって牛肉や豚肉を入れたり、味噌仕立てにしたりとさまざまですが、ここでは里いもをメインに醬油味で仕上げました。

【材料(2~3人分)】

里いも …… 小3個(100g)
こんにゃく …… 30g
長ねぎ(青い部分含む) …… 1/4本
生しいたけ …… 1枚
まいたけ …… 30g
しめじ …… 30g
だし(好みのもので) …… 2と1/2カップ
【A】しょうゆ …… 小さじ2
【A】酒 …… 小さじ1
塩 …… 少量

【作り方】
1. 里いもは小さければ丸ごと、大きければ2等分に切り、表面を乾いたペーパータオルやふきんでこすってぬめりを取る。
2. こんにゃくは一口大に切り、熱湯でさっとゆでてざるに上げる。長ねぎは小口切りにする。まいたけ、しめじは小房に分け、生しいたけはかさは薄切り、軸は細切りにする。
3. 鍋にだし、1を合わせて火にかけ、やわらかくなったらA、2を加えてひと煮し、塩で味をととのえる。

 

飛田和緒(ひだ かずを)/1964年、東京都生まれ。高校の3年間を長野で過ごす。現在は、海辺の町で夫と娘の3人で暮らす。日々の食卓で楽しめる家庭料理には定評があり、雑誌、書籍、テレビなどで活躍する。また、その土地ごとの素材や味に向き合い、家庭で作りやすいようにアレンジすることが得意。著書に『飛田和緒のなべ』(小社刊)、『常備菜』(主婦と生活社)『私の保存食手帖』(扶桑社)がある。

撮影:広瀬貴子

飛田和緒の郷土汁の関連記事