【コラム】ボージョレ・ヌーヴォーは熟成させずに飲む特殊な赤ワイン

本日はボージョレ・ヌーヴォー解禁日。毎年この日を楽しみにしている方も多いのでは。でも、そもそも「ボージョレ・ヌーヴォー」とはどんなワインなのでしょうか? そこで今日は、ラーメン評論家としておなじみですが実はワインにも詳しい石神秀幸さんの著書『最強のワイン学』から、ボージョレ・ヌーヴォーについて学びましょう。

 ブルゴーニュの最南端が、誰もが知る「ボージョレ」です。日本でも一大イベントとなっているボージョレ・ヌーヴォーの発売日については、実態を知っている人はあまり多くないかもしれませんね。

 ヌーヴォーとは新酒という意味で、つまりボージョレ地方の新酒です。
 これは、「今年の秋もブドウを収穫したぞー! ワインができたぞー!」と、ガバガバ飲みながらお祝いするためのお酒。現地では気軽な安酒というイメージが実情のようで、おいしさを追求して造るワインとは、ちょっと違います。
 発売解禁が11月の第三木曜日と決まっており、短い期間で造れて、熟成させずフレッシュな状態で飲むことが前提です。

 ボージョレ・ヌーヴォーは短期間できれいな赤い色になるわりにタンニンが少なく、ライトで飲みやすいワインになるよう、「マセラシオン・カルボニック」という特殊な醸造法をとっています。ブドウの実を潰さずどんどんタンクに放り込み、いろんな成分をスピーディに生成・抽出させる効果のある炭酸ガス(二酸化炭素)を充満させて発酵させるのです。
 「ボージョレ・ヌーヴォーはマズい」としたり顔で語る人をよく見かけます。でも収穫したばかりのブドウを、できるだけ早い時期に飲めるよう工夫して造られたお酒ですから、畑と生産者に感謝して楽しく飲むと粋ですよね。

 ちなみにボージョレ・ヌーヴォーは「ガメ」というブドウ品種を使った赤ワインとロゼワインのみが生産を許されています。白のボージョレ・ヌーヴォーは存在しないので注意しましょう。

 実は、日本は最大のボージョレ・ヌーヴォー輸入国。日付変更線の関係で世界でもトップクラスに早く飲めるエリアということもあって、かつては夜を徹して乱痴気騒ぎをするような盛り上がり方でした。
 その頃と比べると最近は人気も落ち着きましたが、景気が大回復して、また飲めや脱げや騒げやの時代が訪れてほしいものです。

 ボージョレ地区は生産量の3分の1がヌーヴォーという特殊な産地。でもそれ以外のワインにも佳品があります。
 10の村で造られる「クリュ・デュ・ボージョレ」というワインは、やはりガメというブドウで造られる赤ワイン。
 若いうちはイチゴのようなチャーミングな香りが楽しめ、熟成するとスミレや紅茶のような複雑な香りを醸す品も多く、おいしいです。
 同じブルゴーニュの「ピノ・ノワール」を使ったワインよりも安価な品が多く、コストパフォーマンスにも優れているので、ヌーヴォー以外のボージョレを経験するのも話のタネになりますし、一度お試しください。

 

石神秀幸(いしがみ ひでゆき)/1972年東京都出身。日本ソムリエ協会(JSA)認定ソムリエ、JSA認定ワインエキスパート、英国WSET InternationalHigher Certificate、日本酒利酒師、焼酎利酒師、CPA認定チーズプロフェッショナル、調理師免許など食の免許資格を多数保有。ラーメン評論家、フードライター。著書はラーメンガイドから料理のレシピ本まで30冊以上。ワインバー「Le Brassage e la Distillation」や日本初のスープ春雨・薬膳火鍋専門店「七宝麻辣湯」を経営。