【コラム】シャンパーニュって、何? 今さら聞けないシャンパーニュに関する4つの基本

上品な香りと口あたりに魅了され、レストランで、おうちで、シャンパーニュを楽しむかたが増えています。でも造られている場所のこと、原料のぶどうのことなど意外と知らないことも多いのでは? 料理に定評のあるワインバー、ブラッスリー10店に取材し、人気のおつまみレシピを集めた本『ワイン好きのためのワインのおつまみ160』で、シャンパーニュの基本中の基本をおさらいし、よりおいしくいただきましょう。

Lesson1 シャンパーニュって、何?

泡の出るワインを、みんなシャンパーニュだと思っているとしたら、それは大間違い。泡の出るワインの総称がスパークリングワインで、フランスではヴァン・ムスー、イタリアではスプマンテ、スペインではエスプモーソ、ドイツではゼクトと呼ばれています。
 では、「シャンパーニュは?」といえば、フランスの北東部にあるシャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインのこと。産地、原料、製法が限定されており、最大の特徴は長期熟成に耐えられるぶどうで、じっくりと熟成されている特別なワインであることです。

シャンパーニュとぶどう
シャンパーニュの原料となるぶどうはシャルドネ、ピノ・ムニエ、ピノ・ノワールの3種類。シャンパーニュの大原則は、これらのぶどうからできたワインをブレンドすることです。シャンパーニュ地方はぶどうが栽培できる寒冷地の北限でもあり、糖度が低く酸味が強いぶどうの産地。この酸味が他の発泡性ワインとの違いを生む大きな要素です。
 各メゾン(メーカー)はどういうスタイルのシャンパーニュを造りたいかによってぶどうの配合を変えます。それぞれのぶどう100%のワインで造るシャンパーニュもあり、特にシャルドネのみで造る“ブラン・ド・ブラン” は酸味がしっかりしたシャープな味わいでファンが多く、有名ブランドもこぞって造っています。

基本のぶどうの種類と味わいの特徴
シャルドネ Chardonnay …酸味とエレガントさ
ピノ・ムニエ Pinot Meunier …やわらかさと熟成感
ピノ・ノワール Pinot Noir …果実味と力強さ


Lesson2 シャンパーニュにも甘口、辛口がある?

シャンパーニュのベースはワインです。これをボトルに詰めて糖と酵母を加えて発酵させると炭酸ガスが発生します。このガスがワインの中に溶け込み、シャンパーニュ特有の泡になります。このあと、澱(おり)とともに数年熟成させたのち、澱を取り除く作業の際に甘みのあるリキュールを添加し、その甘味度によって甘口、辛口が決まります。
 最近は“ドゥミ・セック“と呼ばれる甘口タイプがデザートや食後酒として人気。辛口は食前、食中に、甘口は食後にと、シャンパーニュもシーンによって飲み分ける時代です。

辛口・甘口度合い
(言い方 … 味わい)
ブリュット・ナチュールbrut-nature … 超辛口
エクストラ・ブリュットextra-brut … 極辛口
ブリュットbrut … 辛口
エクストラ・セックextra-sec … やや辛口
セックsec … やや甘口
ドゥミ・セックdemi-sec … 甘口
ドゥーdoux … 極甘口
もっとも一般的な辛口シャンパーニュがブリュット

デザートワインとして最近人気の甘口タイプがドゥミ・セック

Lesson3 ヴィンテージはNV(ノンヴィンテージ)よりおいしいの?

シャンパーニュの基本はいろいろな畑でとれたぶどうで造られたさまざまな年のワインをブレンドすること。そうして造られるのが「NV」と呼ばれるものです。「NV」は造り手が造りたいシャンパーニュのスタイルを表現するもので、いわゆるフラッグシップです。
 一方ヴィンテージはよいぶどうがとれたときだけ造られるもので、その年の特徴を最大限に引き出した個性的なもの。つまりNVはメゾンのスタイルを、ヴィンテージは収穫年のぶどうを味わうもので、比較するものではありません。


Lesson4 最近よく聞くレコルタンものって?

自分の畑で収穫したぶどうを原料にシャンパーニュを造る小規模生産者(レコルタン・マニピュラン)のことで、頭文字をとってRMとも呼ばれています。RMはその村の特徴がはっきり出るものなので、好みの村を探し当てるといった、より掘り下げた楽しみ方ができます。
 一方、自社畑のぶどうと購入したぶどうをブレンドして自社の味わいを作り出すのはNM(ネゴシアン・マニピュラン)と呼ばれる大きな造り手で、そのスタイルはまったく異なります。
ジャック・セロスは有機自然農法をいち早く導入したRMの雄として名高い

シャンパーニュの基本がわかると、シチュエーションや好みに合わせて「今、飲むべき1本」が見えてくるかもしれません。おつまみとの相性を考えるときにも役立ちそうです。ご紹介した『ワイン好きのためのワインのおつまみ160』には、人気のワインバーやブラッスリー10店から教えていただいたおいしいおつまみのレシピが、合わせるシャンパーニュやワインの情報とともに掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。