【コラム】覚えて便利! 簡単なひと手間で市販のあんをおいしくする方法

今日は鏡開き。鏡開きといえばお汁粉ですが、あんから手作りするのはちょっと大変、というかたに、市販のあんをおいしくする秘策をご紹介します。教えていただくのは、東京・富ヶ谷で人気の「岬屋」店主の渡邊好樹さんです。

あんを手作りしたいけれど、もっと手軽に和菓子を作りたい……そんなときは市販のあんを使うと便利です。

市販のあんはそのまま使うのではなく、必ず“練り直し”を行いましょう。このひと手間で、あんの味わいがぐんと深まり、水分が飛んで扱いやすくなります。

ポイントは、半量をあらかじめ電子レンジで温めておくこと。全体が温まるまで時間がかからず、早く練り上がるうえ、焦げる心配もありません。あんは冷凍がききます。少量を練り直すと焦げやすくなりますので、少なくとも500gで行いましょう。

ここではこしあんでご紹介しましたが、粒あんも白あんも同様に仕立て直せます。

【材料(作りやすい量)】
市販のこしあん 1kg

※買うときは表示を見て、添加物の入っていないものを選びましょう。
 小豆、砂糖、水あめだけで作った冷蔵品がおすすめです。


【作り方】
1.
耐熱皿に市販のこしあんの半量を入れて広げ、ラップをかけて500Wの電子レンジで約2分温める。

2.
鍋に1を入れ、残りのあんを加えてひと混ぜする。中火にかけ、しっかり練り合わせながら全体を温める。


3.
湯気が出てしばらくし、全体に色が白っぽくなったら練り終わり。やや熱い程度が目安。


4.
火を止めて鍋肌にあんを貼りつけ、数秒おいてきれいにはがす。


こしあんを使ってお汁粉を作る


おいしいあんがあれば、ぜんざいやお汁粉が簡単に作れます。
今回はこしあんを練り直しましたので、お汁粉の作り方をご紹介します。

材料(1人分)
こしあん…70g
水…70ml
白玉粉…20~30g
ぬるま湯(約30℃)…適量

作り方
1.ボウルに白玉粉を入れ、ぬるま湯を少しずつ加えながら手で練る。

2.耳たぶよりやや固くなったら棒状にし、ちぎって直径約2cmの団子状に丸め、親指で中央を押してへこませる。

3.鍋に湯(分量外)を沸かし、2をゆでる。浮いてきたらすくって氷水にとり、水気をきる。

4.小鍋にこしあんと水を入れて火にかけ、混ぜながら溶かす。

5.椀に3を3~4個入れ、4をかける。

今回ご紹介したのは白玉だんごで作るお汁粉ですが、鏡開きのお餅を使うと、さらに手軽にできますね。やっぱりあんから手作りしたい!というかたは、あんの作り方をはじめ、おいしい和菓子の作り方が基礎からわかる渡邊好樹さんの著書も、ぜひチェックしてみてください。

 

渡邊好樹(わたなべ よしき)/東京・富ヶ谷「岬屋」の三代当主。和菓子の基本であるあんの仕立てを特に大切にし、300以上の上菓子を、素材や作り方を細かく使い分けて作っている。茶席菓子を多く手がけているため、茶道関連の菓子作りが多い。また、小学校や大学、製菓材料店、料理教室、茶道関係での講師を務めることもあり、そのわかりやすい教え方に定評がある。

撮影:日置武晴