【コラム】日本茶インストラクターに教わる おいしいお茶の淹れ方―煎茶&抹茶編―

お茶は、日本人にとって身近な存在です。でも、ちゃんとおいしく淹れられますか? 子どもの頃に教えられた「お茶の淹れ方」を、更新せずに今も続けているという大人も多いのでは? 折しも3月は「利休忌」の月。そこで本日は、全国のおいしい日本茶のガイドブック『厳選日本茶手帖』から、普段飲む機会の多い煎茶と抹茶のおいしい淹れ方の基本を、日本茶インストラクターのブレケル・オスカルさんに教えていただきます。

煎茶をおいしく淹れる


煎茶は70℃くらいのややぬるめのお湯で淹れることがポイント。熱湯だと渋みや苦みが強くなってしまうからだ。お湯は必ず一度沸騰させてから、冷ますこと。器を1回替えるごとに湯温は10℃下がるので、何度か器を移し替えて適温に近づけよう。
 1煎目を注ぎ切ったら必ず蓋を取って横に置くこと。蓋をしたままだと茶葉が蒸れて2煎目に渋みや苦みが出てしまう。
 2煎目はお湯を急須に注ぎ、数秒待ってから湯のみに注ぐ。その際は1煎目より高めの温度のお湯で淹れよう。

●必要な道具
煎茶に適切な茶器のセット例。250mlの急須に100mlの煎茶碗、茶托、湯冷ましを用意。湯冷ましはあると便利。

●分量と温度の目安
湯温…70~80℃
時間…60~90秒
分量の目安…茶葉2gに対して湯量60ml(1人分)

1.急須に茶葉を入れる。ティースプーン山盛り1杯(約2g)=1人分を目安に人数分入れる。

2.湯冷ましに沸騰したお湯を入れ、さらに人数分の茶碗に注ぎ分ける。

3.茶碗のお湯が適度に冷めたら急須に移し、蓋をして60秒ほど待つ。

4.左、中、右、右、中、左…の要領で最後の一滴まで少しずつ順番に注ぎ、お湯の量と濃さを均等にする。

抹茶をおいしく点てる


茶道を習ったことがないから抹茶は無理…と思いがちだが、そんなことはない。茶筅と茶碗があれば抹茶は点てられる。家で飲むのなら、作法も必要なし。
 まずは茶筅を用意しよう。1000円前後から購入できるので、手に入れておくと便利だ。
 抹茶茶碗はカフェオレボウルなどの深めの器でも代用できる。
 はじめに抹茶を茶こしでこしておく。そして、少量のお湯を入れてペースト状にしておくと、ダマになりにくい。あとは茶筅でシャカシャカ泡立てる。難しく考えずに、気軽に抹茶を楽しもう。

●必要な道具
抹茶に必要な道具は抹茶茶碗と茶筅。茶さじはなければスプーンでもOK。茶こしや湯冷ましもできれば用意しよう。

●分量と温度の目安
湯温…80℃
分量の目安…抹茶2gに対して湯量60ml(1人分)

1.抹茶を茶こしでこす。きめが細かくなり、点てやすくなる。

2.茶碗に1人分の抹茶を入れる。茶さじなら2杯程度。

3.少量の水を抹茶茶碗に入れる。

4.ダマにならないように茶筅を使って少量のお湯で抹茶の粉を溶き、ペースト状にする。

5.80℃に冷ましたお湯を抹茶茶碗に入れる。

6.肘を伸ばし、「M」の字を描くように茶筅を動かして泡立てる。

 

茶葉や使う道具の特徴は、何度か淹れるうちにわかってきます。自分なりのコツをつかめばしめたもの。きっとおいしさをもっと追求したくなるでしょう。そしてお茶の時間が、もっと楽しみになりますよ。

ブレケル・オスカル/1985年スウェーデン生まれ。日本茶の専門家になるために来日し、2014年に日本茶インストラクターの資格を取得。2015年4月から1年間、静岡県茶業研究センターで研さんを積んだ。

撮影:久保田彩子