【コラム】人気料理研究家が指南「枝豆ととうもろこしのおいしいゆで方、極めました!」

夏本番。おいしい枝豆やとうもろこしを片手に、ビールをぐいっ……と想像するだけで、ああ幸せ。ゆでるだけだから簡単、と思いがちですが、シンプルだからこそ、絶対に圧倒的においしく作りたいもの。そこで本日は、人気の料理研究家・藤井 恵さんに、失敗なくおいしくゆで上がる、とっておきの方法を教わります。本当においしいので、この方法以外に考えられなくなりますよ。

夏といえば、ゆでたての枝豆にビールが定番ですが、とうもろこしも、いいおつまみになります。野菜の持つ甘みと塩気の塩梅が味の決め手。研究を重ねてたどりついた割合ですので、ぜひお試しください。

ゆで枝豆

少なめの塩水で蒸しゆですることで、うまみの濃さが味わえます。さやの両端を切ってゆでると、味がしみやすく、火も通りやすくなります。

【材料(作りやすい分量)】
枝豆…250g
【A】塩…大さじ1
【A】水…2と1/2カップ

【作り方】
1.枝豆はさやの両端をはさみで少し切る。

2.鍋に枝豆、Aを入れ、ふたをして強火にかけ、煮立ったら好みのかたさになるまで5~10分ゆで、ざるに上げる。

ゆでとうもろこし

北海道出身の方に教わったゆで方です。プチッと弾ける実は、冷めてもしわが寄りません。ラップで包んだまま冷凍もできますよ。

【材料(作りやすい分量)】
とうもろこし…3本
【A】塩…40g
【A】水…2l

【作り方】
1.鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したらとうもろこしを入れて強火で5分ほどゆでる。とうもろこしを取り出し、すぐに1本ずつラップで包み、そのまま冷ます。

2.食べやすく切って器に盛る。

 


<関連記事>
・【レシピ・こしょう茶漬け】呑んだ後の「ちょっと〆」にぴったり! 家にあるもので作れる簡単お茶漬け
・【レシピ・豚の黒酢角煮】人気の料理研究家に教わる、からだにやさしいおつまみレシピ
・【レシピ・納豆チーズオムレツ】お酒もすすむ! からだも喜ぶ! メインにもなる卵のおつまみ
・【レシピ・おからのチーズチヂミ】おからとキムチでさっと作れるヘルシーおつまみ
・【レシピ・海南チキンライス】ストウブの鍋を使って鶏肉をのせて炊くだけで人気のアジアごはんの完成!

藤井 恵(ふじい めぐみ)/料理研究家。管理栄養士。大の辛党として知られ、立ち呑みから名物酒場まで、こだわりの「旨い店」にひとり立ち寄るのが藤井流。著書『藤井 恵 とっておきの晩酌レシピ』は、晩酌の醍醐味をふんだんに詰め込んだおつまみレシピの集大成。

撮影:木村 拓