スギアカツキ【たまごのはなし】第9回  たまごとハチミツたっぷり、幸せのゴールデンイエローパンケーキ

おいしくて、楽しくて、ワクワクすることを考えるのは幸せな時間ですよね。食文化研究家のスギアカツキさんとのそんな話から始まったこの連載。「たまごが一番大好きな食材」というスギさんが、食文化研究家ならではのさまざまなアプローチで「たまご」を掘り下げます。どうぞワクワクしながらお楽しみください。

お祭りの屋台で見かけると、ついつい買ってしまうものがあります。それは、「ベビーカステラ」。見かけるというより、“嗅ぎつける”という能動感のほうが正しいのかもしれません。あのえも言われぬ“おいしいにおい”が、ヒトの嗅覚を刺激して足を止めさせるのだと思います。

立役者は、「たまご」と「ハチミツ」。童話の世界が似合いそうな2つの食材が出合い、じっくり焼かれることで、他にはない濃厚な甘さと香りが生まれるのです。

ふー、そんなことを考えていたら、お腹が空いてきましたよ。そうだ、この妄想をいつものホットケーキで具現化してみようじゃないですか!

大それたことをやるわけではなく、パンケーキミックスを用意し、レシピをちょっと脱線するだけ。いつもよりたまごを1個多く、そしてハチミツを最初から生地に混ぜ込んでしまいましょう。



クルクルクル……。うん、すでに濃密。黄身から生み出されるゴールデンイエローの渦巻きは、料理人の心の扉をグルグル開いてくれることでしょう。よーく混ぜて、フライパンに生地を流し込みましょう。



ヤッター、あの良いにおいがしてきたぞ! そして色も形も雰囲気も、すべてがプックリ満ちていて、キレイなお月様のようです。

表面にプツプツと穴が開いてきたら丁寧に引っくり返し、もう片面を焼き上げましょう。

できた! 皿にのせ、最後にトッピングです。ケーキ生地のおいしさを最大限に堪能すべく、バターの後のハチミツは、ごくごく控えめに。




さてさて、焼きたてをいただいてみると……。

うん、おいしい! 多言を要しない、子どもの頃によく感じた、あの迷いのないおいしさです。



濃黄のケーキ断面は、見るからにごちそう感にあふれています。

ちなみに「黄色」は、カラーセラピーの世界において、「今ここにある幸せ」というメッセージを持つ色なんだそう。ふむふむ納得。甘く優しい香りをまとった“黄色いオヤツ”は、食べる人に元気な口福感をもたらしてくれることでしょう。さあ、皆さんも、ぜひお試しを。

 

【たまごのはなし】は、ほぼ隔週火曜日に掲載します。


<Back Number>
第1回 「たまごがおいしい」って、どういうこと? おいしいゆでたまごを作る3つの作戦
第2回 「平飼いたまご」って何?
第3回 「リボンたまご」を作ってみよう
第4回 手軽に買える実力派。“たまご”を感じるおいしいプリン3選
第5回 素材をおいしくするたまごの魔法。「ピカタ」を作ろう
第6回 “黄身だけ”に夢中
第7回 フワフワのおいしいトライアングル。「究極の卵炒め」を作ってみた!
第8回 心も開く「オープンオムレツ」を作る極意

 

文・写真:スギアカツキ/食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)が好評発売中。
「みなさん、一番大好きな食べ物ってなんですか? 考えるだけで楽しくなりますが、私は『たまご』という食材に行きつきます。世界中どこでも食べることができ、その国・エリア独特の料理法で調理され、広く愛されている。そしてなにより、たまごのことを考えるだけで、ワクワクうれしい気分になってしまうんです。そこで、連載名を『たまごのはなし』と題し、たまごにまつわる“おいしい・たのしい・うれしい”エピソードを綴っていきたいなと思います」
Instagram:@sugiakatsuki
Twitter:@akatsukinohana

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る