スギアカツキ【たまごのはなし】第11回 “卵の殻”が教えてくれた、人生で大切なこと

おいしくて、楽しくて、ワクワクすることを考えるのは幸せな時間ですよね。食文化研究家のスギアカツキさんとのそんな話から始まったこの連載。「たまごが一番大好きな食材」というスギさんが、その経験と好奇心を生かしたさまざまなアプローチで「たまご」を掘り下げます。どうぞ皆さんもワクワクしながらお楽しみください。

今日は「食べること」を離れて、私が30年以上前に出合った「本」の話をさせてください。その本のタイトルは、『のぼるはがんばる(東 君平 作・画)』。絵本作家の東 君平さん(1940~1986年)が世に残してくれた代表作です。当時小学生だった私は、そこに登場する“卵の殻”を被った小さな生き物から、大きな哲学を学んだのでした。



※【たまごのはなし】は、世界文化社公式noteに移転しました。
連載はこちら

 

文・写真:スギアカツキ/食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)が好評発売中。
「みなさん、一番大好きな食べ物ってなんですか? 考えるだけで楽しくなりますが、私は『たまご』という食材に行きつきます。世界中どこでも食べることができ、その国・エリア独特の料理法で調理され、広く愛されている。そしてなにより、たまごのことを考えるだけで、ワクワクうれしい気分になってしまうんです。そこで、連載名を『たまごのはなし』と題し、たまごにまつわる“おいしい・たのしい・うれしい”エピソードを綴っていきたいなと思います」
Instagram:@sugiakatsuki
Twitter:@akatsukinohana

この連載のバックナンバー

▼ もっと見る