【コラム】専門店から「道の駅」、イベントまで。日本茶のプロに教わる、自分好みのお茶をみつけるコツ

私たちは一日に何度もお茶を飲む機会があります。たとえば気持ちよく目覚めた朝。おいしい食事の後。一息つきたい午後。せっかくなら、場面に合わせておいしいお茶を飲みたいものです。でもおいしいお茶って、どうやったらみつけられるのでしょう? そこで本日は、お菓子研究家で日本茶インストラクターでもある本間節子さんに、自分好みのお茶の探し方のコツを教わります。

自分の好みのお茶があるとお茶の時間が楽しみになります。

私のお菓子教室では、始まる前に一息ついていただきたくて、最初に日本茶をお出ししています。毎回、季節や天気に合わせてお茶と淹れ方を選びます。椅子に座り、皆さんの前でゆったりとした気持ちで丁寧に淹れ、湯のみにお茶を注いでお出しすると、「おいしいですね。」との言葉が返ってきます。

続いて「このお茶は何ですか? どこで買えますか? 淹れ方を教えてください。」とのご質問をいただけば、購入先をお伝えしてパッケージをお見せし、ちょっとしたお茶セミナーが始まります。メモをとり、パッケージの写真を撮って、後日取り寄せる方が結構いらっしゃいます。

私も、どこかでおいしいお茶に出会ったら、メモをしたり写真を撮ったりします。その時は、品種、お茶の水色(すいしょく)や味の印象なども覚えておくようにしています。自分の好きなお茶の傾向を知ることができ、次にお茶を選ぶ時の参考になります。購入先や製造元が分かれば、すぐにお茶を手に入れることもできます。

*   *   *

お茶の購入先として注目しているのは、こだわりのお茶をセレクトしているお茶屋さん(日本茶専門店)です。その他に、最近各地で増えてきている、お茶をコースにして順番に淹れたり、ドリッパーでお茶を淹れたりと、お茶以外にも道具のセンスやパフォーマンスも楽しめる日本茶カフェやそのショップです。おしゃれな生活雑貨を扱うお店では、煎茶以外にも番茶のようなお茶も多く売られていて目が離せません。

王道ですが、路面店があって、デパートにも入っているような老舗のお茶屋さんも時間があればチェックします。また、商店街を歩いてお茶屋さんを見つけた時も気になれば入ります。お気に入りのスーパーマーケットでもお茶のコーナーは必ず見ます。

旅先では「道の駅」で、その地域のお茶を発掘しようと思い、じっくり見てひとつ買って帰ります。いずれもホームページの詳しい説明を参考にしたり、お店の方に話を聞きながら選べると満足度が上がると思います。

*   *   *

お茶が集まるイベントに参加して探すのもお勧めです。初回からかかわっていて身びいきになりますが、「日本茶AWARD」という新しい日本茶の品評会があり、その一環で開催されている「TOKYO TEA PARTY」というイベントでは、産地や種類もさまざまな日本茶が集まります。一部、お茶を飲みながらじっくり選ぶこともできます。生産者の方もいらしていてお話を聞きやすい雰囲気なので、好みのお茶が探しやすいです。他にもたくさん日本茶のイベントがありますので、ぜひ足を運んでください。

*   *   *

おいしいお茶に出会える場所は他にもあると思いますが、私は、こだわりのお茶屋さん(日本茶専門店)か、イベントで知った生産者の方から直接買うことが多いです。一度気に入ったお茶は、リピートしながら大切に飲み続けたいと思います。それなので開拓もほどほどに、自分が使いきれる範囲に、買いすぎにも充分気をつけています。

日本茶専門店の店主に聞きながら自分なりに選んで買うスタイルは、失敗なく安心して飲めますし、そこに行けば店主セレクトのいろいろなお茶に出会えるのが面白くて気に入っています。

生産者の方にもお勧めを聞いたり、時にはリピートではなく、品種を変えて買ったりすることもあります。

頼りになる購入先がひとつあるとそこからお茶の世界は広がります。日本茶セミナーなどをしている専門店は知識も豊富ですので、相談しながら、セミナーに参加して学びながら自分好みのお茶を探してはいかがでしょう。

上記で紹介されている「TOKYO TEA PARTY」は、2018年は11月30日~12月2日に開催されます。日本茶の新しい魅力を発見できるチャンスです。
https://nihoncha-award.jp/tokyo-tea-party



<関連記事>
●【コラム】知っておきたい! プロに教わるおいしいお茶の淹れかた
●【レシピ・煎茶&ほうじ茶のボンボンショコラ】お茶とチョコレートのおいしいマリアージュ
●【レシピ・煎茶ミルクジェラート】抹茶だけじゃない! 今、注目の日本茶を使ったスイーツを作る
●【レシピ・ほうじ茶水ようかん】大人気のほうじ茶を使った涼やかな水ようかんをプロに教わる!
●【レシピ・抹茶と豆乳のババロア】豆乳との相性バツグン! プロに教わる抹茶スイーツ
●【レシピ・抹茶ジェラート】今すぐ食べたい! 3つの濃さのジェラート盛り合わせ

本間節子(ほんま せつこ)/お菓子研究家、日本茶インストラクター。自宅で少人数制のお菓子教室「atelier h(アトリエ・エイチ)」を開くほか、書籍や雑誌でのレシピ提案、日本茶イベントや講習会などで幅広く活動。2013年から毎年渋谷ヒカリエで開催されている日本茶イベント「TOKYO TEA PARTY」では、初回から実行委員の一員として企画にたずさわっている。著書に『日本茶のさわやかスイーツ』(世界文化社)、『まいにちのお菓子づくり』、『マグカップケーキ』(主婦の友社)、『ヨーグルトのお菓子』(池田書店)などがある。
http://www.atelierh.jp

撮影:西山 航

あたらしくておいしい日本茶レシピの関連記事