【コラム】もはや定番!? 手軽に取り入れられる健康習慣。プロに教わる乾物ヨーグルトもどしの効果と方法

11月20日は「いい乾物の日」です。旨みが凝縮され、栄養も効率よく摂れるとあって、昨今人気の乾物。野菜などを干して、自家製の乾物を作るかたも多いのでは。乾物をヨーグルトでもどせば、よりヘルシーに、よりおいしく料理に取り入れられます。そこで現代のライフスタイルに合った乾物の使い方を提案している「DRY and PEACE」のサカイ優佳子さん・田平恵美さんに、著書『毎日食べたい 乾物ヨーグルトレシピ』から、乾物ヨーグルトの効果と、具体的なもどし方について教わります。

乾物をヨーグルトでもどすと、栄養分を丸ごと体に取り込めます!

乾物は食材を乾燥させることによって、栄養を凝縮しているので、生で食べるよりも効率よく栄養が摂れる優れもの。その乾物をヨーグルトでもどせば、水もどしでは流れてしまう水溶性のカリウムやビタミンB群も無駄なく摂れ、栄養価が格段にアップ。さらに、ヨーグルトに含まれるカルシウムもたっぷり摂れます。

ヨーグルトと乾物、両方の“いいとこ取り”ができる!
●栄養素が水に流れないので乾物の栄養が丸ごと摂れる
●水と違ってもどしすぎがないので、ほどよい食感に
●乾物独特のにおいや、魚介のくさみも、まろやかに
●腸内の善玉菌を活性化させ、腸内環境をよくしてくれる
●日本人に不足しているカルシウム、食物繊維、鉄分が摂れる

乾物ヨーグルトには、女性にうれしい効果がたくさん

Point1.便秘改善! ダイエット効果も
ヨーグルトの乳酸菌や乳糖は、腸内の善玉菌を増やしてくれる効果があります。また、野菜や海藻などの乾物に多く含まれる食物繊維は、腸内細菌のエサとなり、腸のぜん動運動を促進する働きもあるので、便秘解消に大きな役目を果たします。

Point2.肌のツヤとハリを保つ
ヨーグルトに含まれるたんぱく質は、体内の細胞を作る手助けをしてくれます。肌の新陳代謝を促すビタミンA、ビタミンB2も含まれ、さらにドライフルーツと合わせれば肌の老化を防ぐβ−カロテンなどの抗酸化物質も摂れて、ダブル効果も。

Point3.血圧改善効果も期待できる
干しわかめや干ししいたけ、煮干しなどに含まれるカリウムは、ナトリウムを排出する働きがあります。ヨーグルトにもカリウムが含まれているので、これらの乾物をヨーグルトでもどせば、血圧上昇を抑える効果が期待できます。

Point4.冷えを撃退!
切り干し大根、高野豆腐に含まれる鉄分は、特に女性に不足しがちな栄養素で、足りないと冷え症や貧血などが起こります。ヨーグルトでもどしておくと、サラダやグラタンなど乾物料理のアレンジが広がり、鉄分もしっかり摂れるのです。

乾物ヨーグルト 基本のもどし方


混ぜるのは数分、冷蔵庫に入れておくだけ!
もどし方は簡単。容器に乾物とヨーグルトを入れて、よく混ぜて冷蔵庫に約8時間おいておくだけ。夜寝る前、朝出かける前に用意しておけば、下ごしらえは完了。すぐに調理が始められます。

【用意するもの】
ヨーグルト……無糖プレーンタイプのもの。


乾物……ここでは切り干し大根を用意。


もどす容器……蓋つきの保存容器。または、ファスナーつき保存袋など。


キッチンスケール……分量を量るときにあると便利。

【作り方】
1. 乾物とヨーグルトを容器に入れる
乾物を入れたら、よくからめて、全体にヨーグルトをいきわたらせる。ファスナーつき保存袋の場合は、乾物とヨーグルトをよくもみ込む。

2. 冷蔵庫で約8時間おく
冷蔵庫に入れて、約8時間おく。8時間以上であれば、ぴったりの時間でなくてもOK。ヨーグルトの消費期限にも注意が必要だが、約1週間保存できる。

3. できあがり
乾物の周りに水分の抜けたヨーグルトの白いかたまりが残る。これにも栄養がたっぷり入っているので、残さず料理に使う。

ご紹介したサカイ優佳子さんと田平恵美さんの著書『毎日食べたい 乾物ヨーグルトレシピ』には、ヨーグルトでもどす乾物のおいしい食べ方が満載です。ぜひチェックしてみてください。

サカイ優佳子+田平恵美(DRY and PEACE)(さかい ゆかこ+たびら えみ)/2002年より食育ワークショップ「食の探偵団」を主宰。五感を重視し、食と社会のつながりを意識させるプログラムを開発してきた。田んぼを残そうと米粉レシピの開発に力を入れている。2011年より、乾物は未来食という思いから、世界各地の知恵と料理法を研究し、「DRY and PEACE」として現代のライフスタイルに合った使い方を提案している。著書に『乾物Every Day』(コモンズ)、『ヨーグルトでもどす魔法の乾物レシピ』(主婦の友社)、『ヨーグルトでもどす乾物レシピ』(NHK出版)などがある。
http://dryandpeace.com
https://facebook.com/dryandpeace

撮影:西山 航