知りたい! ぬか床を使った美味しい「豚のぬか炊き」の作り方

1月20日は「ぬか床の日」。ぬか漬け以外にもぬか床を使った美味しい「ぬか炊き」に挑戦してみませんか。今回は豚肉のぬか炊きを、人気の料理研究家・ワタナベマキさんに教えていただきます。「青魚のイメージが強いぬか炊きですが、お肉でもおいしく作れます。ほろほろのお肉に旨みがしみ込んで、文句なしのおいしさに!」

【材料(2~3人分)】
ぬか床…大さじ4
豚肩ロースかたまり肉…400g
長ねぎ(4cm長さに切る)…1/2本分
しょうが、にんにく(ともにみじん切り)…各1かけ分
赤唐辛子(種を取る)…1本
万願寺唐辛子(またはししとう)…8本
酒…100ml
水…700ml
ごま油…小さじ1


【作り方】
1. 豚肉は常温にもどす。

2. 鍋にしょうが、にんにく、ごま油を入れて中火にかける。

3. 香りがたったら1を入れ、全面に焼き目をつける。

4. 酒、水、長ねぎ、赤唐辛子を加えてひと煮立ちさせあくを取り、ぬか床を加えて再度煮立たせる。

5. 弱火にし45分ほど煮て、万願寺唐辛子を加えてさらに8分煮る。肉を食べやすい大きさに切って万願寺唐辛子とともに器に盛る。


【Point】
角煮や焼豚とも異なる複雑な旨みは、ぬか炊きならでは。万願寺唐辛子のほのかな苦みともよく合います。




今回のぬか炊きは、ワタナベマキさんの著書『味つけいらずで、すぐ絶品。漬けるおかず』からのご紹介です。こちらの本には、ぬか漬けだけでなく、みそ漬け、かす漬け、ヨーグルト漬けなど、さまざまな漬けるおかずを掲載。ぬか床の作り方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


ワタナベマキ/料理家。グラフィックデザイナーを経て2005年に「サルビア給食室」として料理の活動を始める。独創的でオリジナリティに溢れた、素材の組み合わせと、作りやすく、毎日のごはんに真似したくなるレシピにファンが多い。ナチュラルでスタイリッシュなライフスタイルにも定評がある。『冷凍保存ですぐできる絶品おかず』(家の光協会)、『アジアのごはん』(主婦と生活社)など著書多数。

撮影:新居明子

味つけいらずで、すぐ絶品。漬けるおかずの関連記事