やみつきになっちゃう美味しいトレイベイク! スティッキー・トフィー・プディングの作り方

昨日ご紹介した、イギリスの「お茶の時間」に欠かせないトレイベイク、作ってみたいですよね。そこで本日は、トレイベイクの一例として「スティッキー・トフィー・プディング」を、砂古玉緒さんに教えていただきます。「湖水地方の南、カートメルの街が発祥といわれる地方菓子です。はるばる中東から運ばれてきたデーツ(ナツメヤシの実)をやわらかく煮てから生地に焼き込む、しっとりとしたお菓子。焼いてから2~3日たつとデーツと生地がなじんで風味豊かに熟成するため、作りおきおやつにも向いています。食べるときは、プディングもトフィーソースも温かくして」。

材料(15cm×15cm×5cm 1台分)

ドライデーツ
150g
220ml
ゴールデンシロップ
大さじ1
ベーキングソーダ
小さじ1
バター
55g
三温糖
100g
1と1/2個(75g。溶いたものを計量)
【A】薄力粉
150g
【A】ベーキングパウダー
小さじ2/3
【A】ミックススパイス(配合はこちらの記事を参照)
小さじ1/4
【A】シナモンパウダー
小さじ1/4
トフィーソース(Point1参照)
全量
クロテッドクリーム
適量

作り方

  1. 道具● 特に用意する道具
    15cm×15cmの角型、クッキングシート
  2. 準備● バターを室温でやわらかくする。
    ● オーブンを190℃に予熱する。
    ● Aを合わせてふるう。
    ● 型に合わせてクッキングシートを切り、型に敷く
  3. 1●生地を作る
    ドライデーツを粗く刻み、小鍋に分量の水とともに入れ、中火にかける。沸騰したら混ぜながら3分煮る。
  4. 2火を止めてゴールデンシロップを加えて混ぜる。ベーキングソーダも加えて混ぜ、冷ます。ベーキングソーダを加えると、水が染み込みやすくなるため、デーツがやわらかくなる。
  5. 3ボウルにバターを入れて木べらで混ぜてクリーム状にし、三温糖を加えてすり混ぜ、なめらかにする。卵を少しずつ加え混ぜる。
  6. 4合わせたAの半量を3に加え、木べらで粉気が残る程度にさっくり混ぜる。
  7. 52で煮たデーツの半分を汁ごと4に加えて、さっくり混ぜる。
  8. 6残りのAを加えて粉気が残る程度にさっくり混ぜる。残りのデーツも汁ごと加えて、つやが出るまで混ぜる。
  9. 7●焼く
    準備した型に、6を流し入れる。予熱したオーブンに入れ、180℃に温度を下げて25~30分焼く。竹串をさして何もついてこなければ焼き上がり。型から出して網にのせて冷ます。各人皿に盛りつけ、トフィーソースとクロテッドクリームを添える。

Point1

トフィーソースを作る
黒糖で作る濃厚なキャラメルソース。
【材料(作りやすい分量)】
・黒糖(粉末)…60g
・バター…60g
・ゴールデンシロップ…大さじ1
・生クリーム…120g
【準備】
バターは室温でやわらかくする。
【作り方】
1.鍋に黒糖とバターを入れ中火にかけ、木べらで混ぜながら溶かす。ゴールデンシロップも加えて混ぜる。
2.溶けたら火からおろし、生クリームを少しずつ加えて木べらで混ぜる。

Point2

ゴールデンシロップ(写真)
サトウキビから砂糖を精製する過程でできる副産物の糖蜜。少しのコクと豊かな風味があります。食材の相性を選ばないのが特徴です。イギリスでは料理やお菓子を作るときの必需品です。
ベーキングソーダ
重曹(炭酸水素ナトリウム)のことです。ベーキングパウダーとの違いは、ベーキングソーダはガスを発生させる炭酸水素ナトリウムのみであるのに対し、ベーキングパウダーはそこに助剤や分散剤が加わり、ベーキングソーダに比べて短時間で膨らみ、苦みもやわらぎます。イギリスの古いレシピではベーキングソーダを使うものが多く見られます。
ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)
パンやケーキを膨らませるための膨張剤で、硫酸カリウムアルミニウム(焼きみょうばん)不使用のものを使います。アルミニウム入りを使うと、苦みを感じることがあるため、アルミニウムフリーのものを使います。また開封後長期間たつものは、劣化して膨らみがわるいので新しいものを選びます。 ※手に入らない場合は、手持ちのベーキングパウダーでもかまいません。分量は同じです。

砂古玉緒(さこ たまお)/広島県生まれ。約10年のイギリス在住時に、イギリス料理とイギリス菓子の取材、研究、製作を行う。2004年に教室をスタートし、日本とイギリスで人気を博す。現在、テレビ、雑誌、書籍、イベント、全国のカルチャースクール講師などで活躍中。2014年NHK連続テレビ小説『マッサン』で、スコットランド料理・菓子製作指導を担当。著書に『お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味』(世界文化社刊)ほかがある。
http://www.britishpudding.com/

撮影:石川奈都子

イギリスの家庭料理の関連記事