いちごや桃のコンポートを合わせて絶品、夏のデザートに! 和紅茶のアイスクリームパフェ

長かった梅雨が明け、ようやく夏がやってきそうな今週末。蒸し暑さを解消する、冷たくて美味しいアイスクリームパフェを作ってみませんか。果物は、お菓子研究家で日本茶インストラクターでもある本間節子さんに教えていただきます。「口当たりがなめらかでアイスクリームだけでも十分においしいのですが、いちごのマリネを添えると、見ためも味も華やかなパフェになります。果物は、オレンジ、いちじく、桃や洋梨のコンポートなども和紅茶の風味によく合います。和紅茶は、『紅ひかり』を使いました」。

材料(6~8人分)

和紅茶のアイスクリーム
 和紅茶
10g
 牛乳
200g
 卵黄
3個分
 砂糖
90g
 牛乳
150g
 生クリーム
150g
いちご
適量
砂糖
いちごの重さの10%
生クリーム
適量

作り方

  1. 1和紅茶のアイスクリームをつくる。
    小鍋に和紅茶と牛乳200gを入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて1分煮て、火を止める。蓋をして2分おき、万能こし器でこして150g量る。
  2. 2ボウルに卵黄と砂糖を入れ、泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。
  3. 31を加えて混ぜる。
  4. 4別の鍋に3を万能こし器でこし入れ、極弱火にかけ、とろみがつくまで耐熱のゴムベラで混ぜる。とろみがついたら火からおろし、牛乳150gを加えて混ぜ、生クリームを加えて冷やす。
  5. 5バットに入れ、冷凍庫で冷やして固める。数回取り出してフォークで空気を入れるようにほぐし、最後はゴムベラで練る。(またはアイスクリーマーに入れて固める。)
  6. 6いちごのピュレをつくる。
    いちごはつぶすか、すりおろして、いちごの重さの10%の砂糖を加えて混ぜる。
  7. 7いちごのマリネをつくる。
    いちごを半分に切り、いちごの重さの10%の砂糖をまぶして10分おく。
  8. 8器に6のいちごのピュレ、5のアイスクリーム、六分立てに泡立てた生クリームを盛りつけ、7のいちごのマリネを添える。

Point

●アイスクリームの保存の目安は冷凍で2週間。
●いちごのピュレとマリネの保存の目安は冷蔵で2日。

本間節子(ほんま せつこ)/お菓子研究家、日本茶インストラクター。季節感と素材の持ち味を大切にした、毎日食べても心と身体にやさしい味のお菓子を提案している。お茶に詳しく、お菓子に合わせた飲み物に定評がある。自宅で少人数制のお菓子教室「atelier h(アトリエ・エイチ)」を開くほか、書籍や雑誌でのレシピ提案、日本茶イベントや講習会などで幅広く活動。著書に「まいにちのお菓子づくり」「マグカップケーキ」(主婦の友社)、「ヨーグルトのお菓子」(池田書店)などがある。
http://www.atelierh.jp

撮影:ライアン・スミス

日本茶のさわやかスイーツの関連記事