憧れの銀座の老舗カフェのフレンチトーストを、おうちで作ろう!

週末のお楽しみは、東京・銀座の資生堂パーラーのフレンチトースト。外はカリッと焼き、中はふんわり。絶妙なコントラストを楽しめる憧れの逸品を、自宅で作ってみませんか。人気の老舗カフェの究極の定番レシピを教えていただき、山村光春さんがまとめた本『おうちで作れる老舗のカフェスイーツ』からのご紹介です。

材料(5人分)

ブリオッシュ(7cm角、2cm厚さのもの)
10枚
アパレイユ
 全卵(L玉)
3個
 【A】牛乳
200ml
 【A】生クリーム(乳脂肪分42%)
50ml
 グラニュー糖
100g
 シナモンパウダー
小さじ1/3
 バニラエッセンス
5滴
 ブランデー
小さじ2
バター(食塩不使用)
50g
いちごジャム
適量
はちみつ
適量
付け合わせ:バニラアイスクリーム・柿・キウイ・いちご・フランボワーズ・グレープフルーツ・ルビーグレープフルーツ・オレンジ・ブルーベリー・粉糖
各適量

作り方

  1. 準備・Aは合わせて混ぜる。
    ・オーブンを160℃に予熱する。
  2. 11.アパレイユを作る
    ボウルにグラニュー糖、シナモンパウダーを入れて泡だて器で混ぜ、バニラエッセンス、ブランデーを加えて均一に混ぜる。
  3. 2卵を加えてしっかりすり混ぜ、Aを少しずつ加えてよく混ぜる。目の細かいざるでこす。
  4. 32.焼く
    2にブリオッシュを浸して2~3分ほど、返しながら吸わせる。菜箸で挟んで軽く押すと早くしみ込む。
  5. 4フライパンにバター1人分10gを入れて弱火にかけ、溶けたら3を焼く。パンの縁に焼き色がついたら返し、フライパンごとオーブンで約5分焼く。
    *オーブンで焼き上げると外がカリッ、中がふんわり仕上がる。オーブンにフライパンが入らない場合は、予熱した耐熱皿にバター(分量外)を薄く塗り、パンの焼き色がついた面を上にして焼く。フライパンのみで仕上げるときは、返したあとふたをし、中まで火が通ったらふたを取って強火にし、水分をとばしてカリッと仕上げる。
  6. 5器に4を盛り、いちごジャム、はちみつ、付け合わせのバニラアイスクリームやフルーツを添え、粉糖を茶こしでふる。
  7. 監修:山村光春(BOOKLUCK)/雑誌「オリーブ」嘱託ライターを経て、2001年より書籍や広告の編集、執筆を中心に行う「BOOKLUCK」設立。同時に自著『眺めのいいカフェ』(アスペクト)を上梓。このころから盛り上がりを見せるカフェブームの動向をつぶさに見守る立場として、エッセイなどを執筆。他、共著として『カフェの話。』(アスペクト)『カフェをはじめたくなる本、カフェをやめたくなる本』(ギャップ出版)など。

    撮影:清永洋

    おうちで作れる老舗のカフェスイーツの関連記事