あまじょっぱい和のスイーツは熱中症の予防にも。夏に食べたい! 冷やし塩汁粉の作り方

暑い夏のおやつは、甘いだけじゃものたりない! そこで、もちもちした冷たい抹茶白玉の食感と、あんこのほどよいあまじょっぱさに癒される美味しい冷やし汁粉を、東京・代々木上原の和菓子店「和のかし 巡(めぐり)」店主の黒岩典子さんに教えていただきます。「しょっぱさがおいしい夏のお汁粉。もちもちの抹茶白玉は豆腐で練り上げています」。

材料(約4カップ分)

つぶ餡
200g
130g
藻塩
約2g
適量
白玉
 白玉粉
27g
 絹ごし豆腐
30~40g
 抹茶
小さじ1/3
 糠
2.7g

作り方

  1. 下準備● 熱したフライパンで糠を炒る。
  2. 1鍋につぶ餡、水を入れて重さを量る。
  3. 2鍋を火にかけ、煮たってきたら塩を入れる。
  4. 3重さを量りながら、約30g分減るまで煮つめる。
  5. 4好みのカップに流し込む。
  6. 5白玉粉を指ですりつぶし、糠と抹茶を加える。絹ごし豆腐を加えてつぶしながら練る。
    ※水の代わりに絹ごし豆腐の水分で練り上げると、もっちりとした白玉になります。
    ※抹茶に桑の葉パウダーや、青汁の素を加えてもおいしいです。
  7. 6生地は4等分にし、さらに5つずつ丸めて、たっぷりの湯で茹でる。
  8. 7白玉が浮いてきたらザルですくい、冷水に取る。
  9. 84に白玉を敷き詰め、炒った糠をふりかける。

Point


米の精白過程で出る糠には、ビタミンやミネラルなど多くの栄養が含まれる。購入する場合は無農薬でフレッシュなものを選ぶ。

黒岩典子(くろいわ のりこ)/「和のかし 巡(めぐり)」店主。広告代理店、英国政府機関を経て渡米。『日経トレンディ』創刊時よりライターとして参加。帰国後、ラジオパーソナリティ、外資系カード会社のPRを経てオーガニックコスメブランドの『アヴェダ』へ。10年間PRとして活躍し、2012年3月退職。マクロビオティックを研究したのち、製菓学校と和菓子店での和菓子修業を両立。2016年、代々木上原に「和のかし 巡(めぐり)」を立ち上げる。
http://www.wa-meguri.com

撮影:上重泰秀(完成)/西山 航、武蔵俊介(工程)

あたらしくて おいしい 和のおかしの関連記事