ブランデーの風味が際立つお洒落なコーヒーのアイスクリームは、食後のお楽しみ

普段のインスタントコーヒーが、ちょっと手を加えるだけで、風味際立つなめらかジェラートに早変わり! 東京・白山の人気のイタリアン「ヴォーロ・コズィ」オーナーシェフの西口大輔さんに教わるのは、手軽でお洒落な大人のドルチェです。食事の後に、なめらかな甘口ワインとともに召し上がれ。

材料(デミタスカップ8個分)

卵黄
4個
グラニュー糖
90g
生クリーム(乳脂肪分35%)
500ml
インスタントコーヒー(粉)※
小さじ7
ブランデー※
50ml
飾り用コーヒー豆、スイートチョコレート、ミント
各適量
※インスタントコーヒーは、ブランデーで溶かす代わりに湯で溶いてもよい。

作り方

  1. 1インスタントコーヒーにブランデーを加え、かき混ぜて溶かす。
  2. 2ボウルに卵黄を入れ、グラニュー糖を3回に分けて加えながらハンドミキサーでしっかりと泡立てる。ゆっくりとリボン状にたれ、すぐに広がらない状態に仕上げる。1のコーヒー液をたらしながらさらに泡立てる。
  3. 3別のボウルに生クリームを入れ、ハンドミキサーで八分立てにする。ゴムべらで1/3量をすくっての生地に入れ、切るように混ぜる。残りを2回に分けて加え混ぜる。
  4. 4デミタスカップに流し、冷凍庫で3時間以上冷やし固める。
  5. 5チョコレートを刻んでボウルに入れ、湯せんにして溶かす。コーヒー豆を浸してコーティングし、アルミ箔の上に置いて自然に乾かす。ミントとともに飾る。

Chef’s Advice

このレシピはコーヒーのほかにもいろいろな風味に作れます。しごいて取り出したバニラビーンズを入れたバニラ風味、レモンやオレンジの皮のすりおろしを入れた爽やか柑橘風味、「アーモンドのカラメル」の粉末を入れたカラメル風味。これらの材料は、コーヒー液を入れるのと同じタイミングで入れてください。

相性のよいお酒は、なめらかな甘口ワイン。

西口大輔(にしぐち だいすけ)/1969年生まれ。東京・白山「ヴォーロ・コズィ」オーナーシェフ。西麻布にあった「カピトリーノ」川敏明シェフのもとで、イタリア料理を学ぶ。23歳でイタリアに渡り、北イタリアのレストランで4年間修業。30歳で再び渡伊。北イタリアで5年間、研鑽を積む。2006年に帰国し、「ヴォーロ・コズィ」を開店。イタリア現地の料理を日本でふるまうべく、日々研究を重ねている。

撮影:高橋栄一

本当においしく作れる イタリアンの関連記事