【レシピ・アップルキャロットマフィン】バターを使わない簡単でおいしいりんごのお菓子

りんごのおいしい季節になりました。今日は、バターを使わないレシピが好評の『りんごのお菓子レシピ』著者の吉川文子さんに、すりおろしたりんごとにんじんのたっぷり入ったヘルシーなおやつ、「アップルキャロットマフィン」を紹介していただきます。バターを室温に戻す手間がないので、初心者でも簡単においしく作れます。

材料 6個分(直径7cmの6連のマフィン型1個分)

りんご
1/4個(正味50g)
【A】卵
1個
【A】きび砂糖
80g
植物油
65g
【B】プレーンヨーグルト
20g
【B】にんじん
1/2本(正味50g)
【C】薄力粉
100g
【C】ベーキングパウダー
小さじ1と1/2
【C】シナモンパウダー
小さじ1
【C】クローブパウダー
少々
くるみ(ロースト)
20g
ココナッツファイン
20g
サワーホイップクリーム
 サワークリーム
40g
 生クリーム
100g
 グラニュー糖
10g

作り方

  1. 下準備・にんじんは皮をむいてすりおろす。
    ・りんごは芯を除いて皮をむき、すりおろす。
    ・くるみはみじん切りにする。
    ・ボウルに氷水を用意する。
    ・Cを合わせてふるう。
    ・型にマフィン用グラシン紙を敷く。
    ・オーブンを180℃に予熱する。
  2. 1Aをステンレス製のボウルに入れて泡立て器で混ぜ、ごく弱火にかけるか湯煎して混ぜながらきび砂糖を溶かし、人肌に温める。
    ※きび砂糖を溶かすため、 ごく弱火にかけるか湯煎して混ぜる。高温だと卵が固まってしまうため、人肌に保つ。
  3. 2火からおろし、植物油を数回に分けて加えながら、泡立て器でとろりとして均一になるまで混ぜて乳化させ、Bとりんごを順に加え、その都度よく混ぜる。
    ※植物油を数回に分けて少しずつ加え、その都度よく混ぜる。油が分離せずなじみ、とろりとしてきたら乳化した状態。
  4. 3Cを2に一度に加え、泡立て器で中心からぐるぐると混ぜる。
    ※粉類を加え、中心から外側へ円を大きくしていくように混ぜる。泡立て器に粉がこもったら、上に持ち上げ、中の粉をふり落とす。
  5. 4粉気がほとんどなくなったら、くるみとココナッツファインを加え、ゴムべらに持ち替えてむらがなくなるまで混ぜる。
    ※生地を切るように混ぜる。混ぜすぎに注意する。具が均等に行き渡ればよい。
  6. 5準備した型に4をスプーンですくい入れ、予熱したオーブンで20分焼く。
  7. 6焼き上がったらフォークなどを使って型から取り出し、ケーキクーラーの上に移して粗熱を取る。
  8. 7サワーホイップクリームを作る。材料をすべてボウルに入れ、ボウルの底全体を氷水に当てながら、九分立て(すくうとしっかり角が立つ固さ)に泡立て、6の上にのせる。
    ※マフィンの中心を盛り上げるようにして、クリームをなすりつけながらのせる。

吉川文子(よしかわ ふみこ)/1995年より自宅で洋菓子教室を主宰。1999年NHK「きょうの料理大賞」にてお菓子部門賞受賞。伝統的なお菓子をベースに、新しいエッセンスも盛り込みながらオリジナルレシピを紹介している。また、雑誌や書籍で“バターを使わないお菓子”を提案し、人気を博している。

撮影:市瀬真以