気軽においしくタンパク質が摂れる! 筋肉のプロに教わるプロテインシフォンケーキ

つい食べ過ぎたり飲み過ぎたりして、体のリズムが狂いやすい季節が、もう間近に迫っています。その前に、しっかり体を整えておきたいというかたに、プロテインパウダーを使って作るシフォンケーキをご紹介します。教えてくださるのは、高タンパク低カロリー食レストラン「筋肉食堂」を運営する谷川俊平さんです。

糖質、脂質が低い材料を使えば、ふわふわのシフォンケーキも低カロリーで作れます。
プロテインパウダーを足せば栄養価もアップ。
甘みはラカントSのほか、パルスイートでもOKです。

材料(直径18cmのシフォンケーキ型1台分)

糖質50%オフのスイーツ粉(市販)
60g
低脂肪牛乳
45ml
米油
45ml
プロテインパウダー(バニラ味)
20g
4~5個
ラカントS
36g
ミックスベリー
適量
スペアミント
1枚

作り方

  1. 1卵は卵黄と卵白に分ける。卵黄、低脂肪牛乳、米油、プロテインパウダーをボウルで混ぜ、ふるったスイーツ粉を加えて混ぜる。
  2. 2卵白をホイッパーで八分立てくらいまで泡立てる。その際、ラカントSを3回に分けて入れながら混ぜる。1を加え、さっくりと混ぜ合わせる。
  3. 3米油(分量外)を塗った型に流し込み、型を持ち上げて軽く数回叩きつけて空気を抜いたら、180度に温めたオーブンで15分焼く。扉は開けずに温度を170度に下げ、さらに15分焼く。焼きあがったら網などの上に逆さまにのせ、完全に冷ましてから取り出す。
  4. 412等分にカットして2切れを器に盛り、ミックスベリーとスペアミントを添える。

Point

プロテインパウダー
プロテインパウダーはタンパク質が主成分の補給食品。アスリートなど特別カラダに気をつけている人が摂るものというイメージがありますが、日本人はタンパク質の摂取量が一般的に足りないので、プロテインパウダーで補給することがもっと当たり前になってほしいと思います。
プロテインパウダーには、卵白や牛乳、大豆由来のものがありますが、最も栄養価が高いのが、乳製品を作るときにできるホエイ(乳清)由来のもの。BCAAと呼ばれるアミノ酸が豊富に含まれており、筋肉を維持し、持久力をアップ。集中力も高めてくれます。

谷川俊平(たにがわ しゅんぺい)/高タンパク低カロリー食レストラン「筋肉食堂」を運営するTANPAC株式会社マネージャー。1983年大分県生まれ。福岡大学スポーツ科学部卒業後、スポーツジム「TOTAL Workout」に入社。トップアスリートや有名芸能人のボディメイクを10年間担当。「最高のカラダ作りには食事が9割」を痛感し、2015年、おいしく食べてボディメイクができる食事を提供するレストラン「筋肉食堂」をオープン。カラダが喜ぶメニューの開発やベストパフォーマンスのための食の啓発活動に力を入れている。

撮影:田辺エリ

筋肉食堂 3日で実感! おなかが凹む! 最強の食べ方の関連記事