【レシピ・里芋とシナモンの寒天クッキー】米粉と寒天で作る、からだにやさしいお菓子

本日ご紹介するのは、米粉や寒天を使って作る、身体にやさしいお菓子です。教えてくださるのは、アレルギー対応料理教室『コメコメ・キッチン』を主宰する伊藤ミホさん。食物アレルギーのお子さんのために考案した数々のレシピから、旬の食材を使った、里芋とシナモンの寒天クッキーをご紹介します。

材料(約10個分)

【A】製菓用米粉
45g
【A】甜菜糖
20g
【A】粉寒天
6g
【A】シナモンパウダー
小さじ1/3
【A】自然塩
ひとつまみ
ショートニング
20g
里芋(軟らかくなるまで加熱し、皮を剥いたもの)
35g
ココアペースト
 低糖シロップ
小さじ1/2
 ココアパウダー
小さじ1/4

作り方

  1. 1はかりの上にボウルを置き、ポリ袋の口をひっかけてAの粉類をはかり入れる。
  2. 2ポリ袋の中に空気が入るようにして袋の口をおさえ、手のひらの上でポンポンとはずませる。何度か繰り返すと、中の粉類がまんべんなく混ざる。
  3. 3粉の上にショートニングをはかり入れる。粉の真ん中に落とすと粉類をまぶしやすい。
  4. 4袋の上から両方の手のひらで粉とショートニングをスリスリとすり混ぜる。手の温かさでショートニングを溶かして粉の表面になじませるイメージで。
    ※袋の内側にショートニングがくっついたら、そこを目がけて粉をスリスリとこすりつける。
  5. 5里芋を少量残して加える。里芋についた水滴は拭き取る。水が入って焼き上がりが固くならないようにするひと手間。
  6. 6手のひらの上で袋の中身をスリスリし、里芋がつぶれて生地全体にいきわたるようにこね混ぜる。里芋の塊があるとサックリと焼き上がらない。
  7. 7時々、袋の端をつかんでピンと伸ばし、パッパと振り、袋の内側にくっついた生地を落として一緒にこねる。
  8. 8生地の全体をこねて状態を見てから、残しておいた里芋を加える。扱いやすい固さになっていたら里芋は加えない。
  9. 9ラップに生地をはさんで手でギュー、ギューと押して平べったくする。最初から麺棒で伸ばすと崩れやすいが、手であらかた伸ばしておくとラクチン。
  10. 10ラップの上から麺棒でコロコロ。約3mmの厚さに伸ばし、型で抜く。
    ※ショートニングが溶けていて型抜きしにくいほど生地が軟らかい時は、冷蔵庫に30分ほど入れる。
  11. 11残った生地はラップに包んでおにぎりのように握ってまとめ、またラップにはさんで麺棒で伸ばして抜く。
  12. 12160℃に温めたオーブンで27〜30分ほど焼く。焼き上がったらオーブンから出して天板の上で冷ます。
    ※指先で触ってフニャッとするようなら、温度を下げて焼き時間を延ばす。里芋の水分をしっかり飛ばすことが、サクッとおいしいクッキーにするポイント。
  13. 13低糖シロップとココアパウダーをグルグル混ぜてココアペーストを作る。混ざりにくいので、しばらくグルグルする。
  14. 14爪楊枝の頭にココアペーストをつけて、冷ましておいたクッキーのハリネズミの目の部分と鼻の部分にチョンチョンと塗る。常温に置いてココアペーストを乾かす。

Point

里芋のねっとりとしたねばりがつなぎになって型抜きしやすい生地です。ポリッと噛み応えのある焼き上がりですが、里芋の風味とシナモンの香りで、次から次へと手が伸びるおいしさです。

伊藤ミホ(いとう みほ)/東京都在住。外資系総合商社勤務を経て、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジデザイン学部 修士課程に学ぶ。帰国後、環境と健康をテーマとした雑誌の編集部に所属。イタリア スローフード協会発『slow』日本語版・季刊誌『スローフード』の編集を担当。出産した長男に重度の食物アレルギー、アトピー、喘息があったため、小麦・卵・乳製品・大豆・ナッツを使わないお菓子や料理を工夫しながら作るようになる。東日本大震災を機に、被災地に義援金を送るためにアレルギー対応料理のレシピを教える活動を始める。退職後、小麦・卵・乳・ナッツなどを使わないアレルギー対応料理教室『コメコメ・キッチン』を主宰。現在、食物アレルギーを持つ子を育てるママやグルテンフリーに関心を持つ人たちを対象として、「からだにやさしく、おいしい食」を伝える活動をしている。
「コメコメ・キッチン」http://komekomekitchen.blog.fc2.com/

撮影:坂齊 清