【レシピ・ほろほろクッキー】ヨックモックに教わる、家庭で作れるクッキーレシピ!

ざくっとした食感で、口の中でほろほろとくずれる「ほろほろクッキー」は、手がとまらないおいしさです。ヨックモック商品開発グループのみなさんによる本『ヨックモックが教えるクッキーレシピ』からご紹介。ブールドネージュ(=雪玉)と呼ばれる薄力粉と粉糖で作るクッキーに似ていますが、ここでご紹介するものは強力粉を使ったレシピです。「強力粉は固くなりやすいので、くれぐれも練らないように混ぜてください」。

材料(35個分)

ほろほろクッキー生地
 バター
90g
 【A】グラニュー糖
28g
 【A】塩
ひとつまみ
 アーモンドパウダー
35g
 強力粉
115g
粉糖(仕上げ用)
50g
打ち粉(強力粉)
適量

作り方

  1. 準備● 生地の厚みを揃える18mm厚さの添え棒を用意する。15mm厚さでも可。
    ● バターは常温にもどして柔らかくする。
    ● アーモンドパウダー、強力粉、粉糖はそれぞれふるう。
    ● 天板にオーブンペーパーを敷く。
    ● オーブンは170℃に予熱する。
  2. 1生地を作る
    ボウルにバターを入れ、泡立て器で軽く混ぜ、均一な柔らかさにする。
    ※全体に同じ柔らかさにしておくと、グラニュー糖や粉類がムラなく混ざる。
  3. 2Aを一度に加え、ボウルを回しながら周りから中央に集めるようにすり混ぜる。
  4. 3アーモンドパウダーを一度に加え、ムラなく均一にすり混ぜる。泡立て器についた生地もゴムべらできれいに落とす。
  5. 4強力粉を一度に加え、ゴムべらで数か所切るようにして混ぜ、ボウルを回しながら、ゴムべらを底から大きく返して混ぜる。数回混ぜたら、再び切るように混ぜる。
    ※最初に切るように筋を入れると、全体にムラなく混ざりやすい。ぐるぐると練らないように注意!
  6. 5粉っぽさがなくなったら混ぜ終わり。生地にまとまりがなくてもよい。
  7. 6生地をのばして休ませる
    ラップを広げ、厚みを揃える添え棒を15cmほど離して両側に置く。5をのせ四角くととのえる。
  8. 7上にラップを広げる。麺棒を中央から外側に向かって押しながら、すべらせるように動かして空気を抜く。
    ※空気を抜きながら押し広げると、生地がまとまる。
  9. 8途中で上のラップをはずし、下のラップの両側を持ち、中央に引き寄せてととのえる。
  10. 9再び7と同様にして表面をととのえながら、ほぼ正方形にする。ラップでぴっちり包み、あればアルミかステンレスのトレーにのせて冷蔵庫で2時間休ませる。
  11. 10成形して焼く
    打ち粉をした台に9を置き、端を切り落とす。4辺に6の棒で18mm間隔に印をつける。
    ※成形から焼くまで、生地がダレないように手早く作業する。15mm厚さの添え棒を使用した場合は、15mm間隔にする。
  12. 11縦横に切り分け、オーブンペーパーに間隔をおいて並べる。丸く仕上げるものは、手のひらで転がして丸くする。
    ※生地の端を丸く、内側を四角くするとムダがない。
  13. 12オーブンに入れて160℃にし、約18分焼く。網にのせて粗熱を取る。
  14. 13粉糖をまぶす
    12が温かいうちに適量を粉糖とともにボウルに入れる。両手でボウルの底から持ち上げるようにまぶしつけ、余分な粉糖を落とす。残りも同様にまぶす。
    ※粉糖とクッキーをポリ袋に入れ、振ってまぶしつけてもよい。

Point

切り落とした生地は小さく丸めても
切り落とした生地は、小さく丸めて160℃で約10分焼き、粉糖をまぶすとパフェやアイスクリームのトッピングなどに使えます。

ヨックモック商品開発グループ/甘い香りがただよう開発室にて、日々、新商品や季節商品の試作、改良に励む。今回レシピを考案したのは、佐藤千城さん。家庭で作りやすいレシピを重視し、買いやすい材料、失敗しにくい配合や作り方など数々の工夫を凝らす。

撮影:清永 洋

Delicious Navi