【レシピ・ローズカップケーキ】インスタ映え間違いなし! 美しくておいしいカップケーキを作る

今週のスイーツは、バタークリームのアイシングをバラの形に絞った、チョコレート生地のカップケーキです。チョコレートクリームやクリームチーズなど、アイシングをアレンジすると、写真のように色とりどりのバラが花咲きます。東京・国立「ユニコーン・ベーカリー」の島澤安從里さんに教えていただくレシピです。

材料(底直径5cm・高さ3cmのマフィン型30個分)

◎カップケーキ
 【A】薄力粉
220g
 【A】ココアパウダー
65g
 【A】ベーキングパウダー
小さじ1と1/2
 【A】ベーキングソーダ
小さじ1と1/2
 上白糖
400g
 塩
小さじ1
 卵
2個
 【B】牛乳
280ml
 【B】キャノーラ油
120ml
 【B】バニラエクストラクト
小さじ2
 湯
235ml
◎バタークリームアイシング
 バター
300g
 粉糖
840g
 バニラエクストラクト
小さじ1と1/2
 牛乳
大さじ3
 アイシングカラー(ピンク)
適量

作り方

  1. 下準備・型にマフィンカップを入れる。
    ・アイシング用のバターは室温にもどす。
    ・オーブンを180℃に余熱しておく。
  2. 1カップケーキを作る
    ボウルにAをふるい入れる。
  3. 21に上白糖と塩を加え、泡立て器で混ぜる。
  4. 32に卵とBを加え、ハンドミキサーで全体をよく混ぜる。
    ※なめらかでツヤのある状態になるまで混ぜる。
  5. 43に沸かしたての熱湯を加え、ゴムベラで混ぜる。
  6. 5マフィン型にアイスクリームディッシャーやスプーンなどで4を流し入れる。型の2/3くらいまで入れる。180℃のオーブンで約22分焼く。竹串を刺し、生地がくっつかなければ、型ごと網にのせて冷まし、あら熱がとれたら型からはずして網の上で冷ます。
  7. 6アイシングを作る
    ボウルにバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状になるまで混ぜる。
  8. 76に粉糖の1/4量をふるい入れ、ハンドミキサーで混ぜる。これをあと2回繰り返す。
  9. 8バニラエクストラクトと牛乳を加え、ハンドミキサーで混ぜる。残りの粉糖をふるい入れて混ぜる。
    ※なめらかでツノが立つようになれば完成。かたすぎる場合は牛乳(分量外)を少し加えて調整する。
  10. 9デコレーションをする
    アイシングをゴムベラで2すくい分ほど小さなボウルにとり分け、アイシングカラーを爪楊枝の先に少量つけて加える。
  11. 10パレットナイフなどで色が均一になるまでよく混ぜる。
  12. 11口金をつけた絞り袋に白いアイシングをゴムベラで2すくい分入れる。絞り袋をコップに入れて作業してもよい。
  13. 1210のアイシングをパレットナイフですくい、11で入れた白いアイシングの中央に入れる。
    ※口金はウィルトンの「ドロップフラワーチップ ♯ 2D」を使用します。
  14. 13絞り袋を台に寝かせ、カードでしごいて空気を抜き、アイシングを口金の方へ寄せる。
  15. 14カップケーキの中央に口金の先を垂直に当て、アイシングを1cmほどの高さに絞る。
  16. 1514の上に小さく1周絞る。
  17. 1615を囲むようにしてさらに1周絞る。
  18. 17絞り終えるところ。
  19. 下記、島澤さんの著書『ユニコーンベーカリーの焼き菓子』では、チョコレートクリームやクリームチーズのアイシングレシピも掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。

    島澤安從里(しまざわ あんじゅり)/1981年、日本人の父親とアメリカ育ちのイギリス人の母親の間に生まれる。2000年に都内のアメリカンスクールを卒業後、障害児教育を行う都内のインターナショナルスクールに立ち上げから勤務。生徒のバースデーケーキやオーダーケーキを制作し、技術を磨くためにアメリカのケーキデコレーション講座を受講しインストラクターの資格を取得。結婚・出産を経て、2013年10月にUnicorn Bakeryをオープン。

    撮影:安井真喜子