【レシピ・くるみ大福】香ばしいくるみ入りのもちもち生地で作る、体にやさしい大福

今日は「大福の日」。そこで定番の大福とは一味違う、くるみ大福をご紹介します。東京・代々木上原の和菓子店「和のかし 巡(めぐり)」店主の黒岩典子さんに教えていただくのは、お子さんからご年配の方までおいしく食べていただける、体にやさしいレシピです。中に入れる餡はお好みで。

材料(8個分)

【A】もち粉
100g
【A】糠
15g
【A】藻塩
ひとつまみ
アガベシロップ
20g
生くるみ
30g
お好みの餡
240g
100g
適量
片栗粉
適量

作り方

  1. 下準備● 蒸し器を火にかけ、水で濡らして固く絞った布巾を2分ほど蒸しておく。
    ● 餡は1つ30gの大きさに丸めておく。
    ● くるみは180℃に温めたオーブンで、2分ローストしておく。
  2. 1ボウルにAを入れ、水を少しずつ加えながらしっかりと混ぜる。
  3. 2蒸した布巾を敷いたバットにまとまった生地を入れゆるく包み、バットごと蒸し器に入れて約15分蒸す。
  4. 3蒸しあがった生地をフライパンに移して木じゃくしで練る。照りが出てきたら中火にかけ、アガベシロップを加え練る。固くて練りにくければ湯を加える。
  5. 4さらに練り、餅状になったらローストしたくるみを軽く砕いて入れ、軽く混ぜる。
  6. 5片栗粉を敷いたバットにあけ、粉を中に入れないように生地を二つ折りにする。
  7. 6粗熱がとれたら1つ30gの大きさに分ける。
  8. 7餡を包み、軽く片栗粉をまぶす。

Point

アガベシロップ
テキーラの原料として知られる、メキシコ原産のリュウゼツランという植物から採れる天然甘味料。砂糖の1.3倍の甘さがあり、水に溶けやすいので製菓材料として扱いやすい。低GI食品として注目されているが、カロリーはあるので摂りすぎには注意。

黒岩さんの著書『あたらしくて おいしい 和のおかし』には、砂糖も塩も使わずに作るおいしい餡のレシピも紹介されています。

黒岩典子(くろいわ のりこ)/「和のかし 巡(めぐり)」店主。広告代理店、英国政府機関を経て渡米。『日経トレンディ』創刊時よりライターとして参加。帰国後、ラジオパーソナリティ、外資系カード会社のPRを経てオーガニックコスメブランドの『アヴェダ』へ。10年間PRとして活躍し、2012年3月退職。マクロビオティックを研究したのち、製菓学校と和菓子店での和菓子修業を両立。2016年、代々木上原に「和のかし 巡(めぐり)」を立ち上げる。
http://www.wa-meguri.com

撮影:上重泰秀(完成)/西山 航、武蔵俊介(工程)