【レシピ・マンゴープリン・ココナッツブランマンジェ】パウンド型で作る、簡単&絶品スイーツ

本日ご紹介するスイーツは、夏に一度は食べたいマンゴープリン。ココナッツ風味のプランマンジェとのコンビネーションが鮮やかでおいしい2層仕立てです。混ぜて冷やして待つだけの、パウンド型を使った簡単レシピを教えてくださるのは、“バターを使わないお菓子”が評判の吉川文子さん。「口の中でぷるんと弾けて、南国感あふれるデザートです」。

材料(18×8×6cmのパウンド型1台分)

ココナッツブランマンジェ
 【A】牛乳
100g
 【A】生クリーム
50g
 【A】ココナッツファイン
20g
 グラニュー糖
30g
 粉ゼラチン
小さじ1
マンゴープリン
 マンゴーピュレ(市販)
150g
 牛乳
50g
 生クリーム
50g
 【B】水
50g
 【B】グラニュー糖
30g
 粉ゼラチン
5g
マンゴー、ミント(飾り用)
各適量

作り方

  1. 下準備● 型にオーブンシートを敷く。(※Point参照)
    ● ココナッツブランマンジェ用に、粉ゼラチンを10gの水(分量外)に振り入れてふやかす。
    ● マンゴープリン用に、粉ゼラチンを25gの水(分量外)に振り入れてふやかす。
    ● 飾り用のマンゴーは種を取って皮をむき、1cm角に切る。
  2. 1ココナッツブランマンジェを作る。Aを合わせて鍋に入れ、中火にかける。沸騰したら火から下ろして裏ごしし、ボウルに入れる。グラニュー糖を加えて混ぜ、ふやかしたゼラチンを加えて溶かす。ボウルの底を氷水に当て、時々混ぜながらとろみがつくまで冷やす。
  3. 21を型に流し入れ、冷凍庫で8~10分、指で触ると表面だけうっすらと固まっている状態まで冷やす。
  4. 3マンゴープリンを作る。Bを耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジで50秒加熱する。ふやかしたゼラチンを加えて溶かす。マンゴーピュレを加えて混ぜる。
  5. 43が人肌に冷めたら、牛乳と生クリームを順に加えて混ぜる。ボウルの底を氷水に当て、時々混ぜながらとろみがつくまで冷やす。
  6. 52のココナッツブランマンジェの上から4を静かに流し、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。
  7. 6型の左右(オーブンシートがない部分)にパレットナイフを差し入れて外しやすくし、皿をかぶせてひっくり返す。型を外してシートを静かにはがす。切り分けて皿に盛り、マンゴーとミントを飾る。

Point

オーブンシートの敷き方(底とサイドに敷くパターン)
オーブンシートを型の長辺の幅に合わせて長方形に切る。型に合わせてしっかりと折り目をつけ、中に敷く。シートが浮かないよう、上部をクリップなどで固定する。

<関連記事>
●【レシピ・チョコレートといちじく、赤ワインのパウンドケーキ】大人の集まりにおすすめのスイーツ
●【レシピ・いちごのムース】パウンド型で作る簡単でおいしい! いちごのムース

吉川文子(よしかわ ふみこ)/1995年より自宅で洋菓子教室を主宰。1999年NHK「きょうの料理大賞」にてお菓子部門賞を受賞。伝統的なフランス菓子をベースにしながら、新しい風味や作りやすさを追求したレシピで人気を集めている。また、“バターを使わないお菓子”を提案し、そのおいしさに多数のファンを持つ。

撮影:西山 航

パウンド型ひとつで50のケーキの関連記事