【レシピ・りんごのアップサイドダウンケーキ】プロに教わる、バターなしで手軽に作れるりんごのケーキ

りんごがおいしい季節です。そこで本日ご紹介するのは、初心者でも手軽に作ることができて、旬のりんごのおいしさもたっぷり味わえるアップサイドダウンケーキ。バターを使わずに作るレシピが好評のお菓子研究家・吉川文子さんに教えていただきます。「『逆さま』という意味の楽しいケーキです。焼き上がりをひっくり返すと、琥珀色に焼けたおいしそうなりんごが輝きます」。

材料(口径18cmのマンケ型〈または直径15cmのスポンジ型〉1台分)

りんご(あれば紅玉)
1個(正味50g)
キャラメルソース
 水
20g
 グラニュー糖
60g
グラニュー糖
10g
植物油
大さじ1/2
生地
 卵
1個
 グラニュー糖
70g
 植物油
50g
 生クリーム
50g
 プレーンヨーグルト
15g
 カルバドス(ラム酒でも可)
大さじ1
 【A】薄力粉
90g
 【A】アーモンドパウダー
20g
 【A】ベーキングパウダー
小さじ1

作り方

  1. 下準備・りんごは芯を除いて皮をむき、縦半分に切って2mm厚さにスライスする。
    ・Aを合わせてふるう。
    ・オーブンを180℃に予熱する。
  2. 1キャラメルソースを作る。水、グラニュー糖の順に小鍋に入れて強めの中火にかけ、鍋をゆすりながら砂糖を溶かす。煙が出始め、キャラメル色になったらすぐに型に流し入れ、固まるまで冷ましておく。
  3. 2型にりんごを2段に重ねて隙間なく並べる。グラニュー糖10gを全体にふり、植物油大さじ1/2を回しかける。
    ※スライスしたりんごは、端を少し重ねるようにして隙間なく並べる。1周並べたらもう1段重ねる。
  4. 3生地を作る。卵とグラニュー糖をステンレス製のボウルに入れて泡立て器で混ぜる。ごく弱火にかけるか湯煎して混ぜながらグラニュー糖を溶かし、人肌に温める。
  5. 4火からおろし、植物油を数回に分けて加えながら、泡立て器で混ぜ、均一になるまで乳化させる。生クリーム、プレーンヨーグルト、カルバドスを順に加え混ぜる。
  6. 5Aを4に一度に加え、泡立て器で中心からぐるぐると混ぜる。泡立て器に粉がこもったら、上に持ち上げ、中の粉をふり落とす。
  7. 6粉気がほとんどなくなったら、ゴムべらに持ち替えてむらがなくなるまで混ぜる。
  8. 72に6を流し入れ、予熱したオーブンで35分焼く。
  9. 8焼き上がったら型ごとケーキクーラーの上に移し、型が手で触れるくらいまで冷めたら、縁にぐるりとナイフを入れて生地をはがしやすくし、皿の上にひっくり返して取り出す。



<関連記事>
●【レシピ・アップルキャロットマフィン】バターを使わない簡単でおいしいりんごのお菓子
●【コラム】お菓子を贈るときのラッピングのアイディア4

吉川文子(よしかわ ふみこ)/1995年より自宅で洋菓子教室を主宰。1999年NHK「きょうの料理大賞」にてお菓子部門賞受賞。伝統的なお菓子をベースに、新しいエッセンスも盛り込みながらオリジナルレシピを紹介している。また、雑誌や書籍で“バターを使わないお菓子”を提案し、人気を博している。

撮影:市瀬真以

バターなしでもとびきりおいしい りんごのお菓子レシピの関連記事