【レシピ・甘酒と豆腐のジェラート】やさしい甘さが嬉しい簡単スイーツ

疲れたからだが欲する甘味。暑い日が続くとつい甘くて冷たいものに手が伸びますが、大量の糖分は体によくはありません。そこで、白砂糖を使わず、素材にこだわって、本当に体によくてちゃんとおいしい。そんな和菓子の研究を重ねている東京・代々木上原「和のかし 巡(めぐり)」店主の黒岩典子さんに、からだが喜ぶおいしいジェラートを教えていただきました。甘酒と豆腐のやさしい甘さと、バナナの濃い甘みの相性がぴったり。ほっとするおいしさです。

材料(2人分)

ココナッツミルク
100g
玄米甘酒
85g
絹ごし豆腐
165g
完熟バナナ(輪切りにして冷凍したもの)
正味70g
つぶ餡
適量

作り方

  1. 1冷凍バナナ、ココナッツミルク、甘酒、豆腐をなめらかになるまでフードプロセッサーにかけ、バットに広げて冷凍する。
  2. 21が固まったら四角形などに切り出し、フードプロセッサーにかける。
  3. 3つぶ餡を加えてさらに攪拌。器に盛って完成。好みでブランデーやラム酒小さじ2を加えてもおいしい。

Point

ジェラートは溶けやすいので、盛りつける容器は冷凍庫で冷やしておきましょう。

黒岩典子(くろいわ のりこ)/「和のかし 巡(めぐり)」店主。広告代理店、英国政府機関を経て渡米。『日経トレンディ』創刊時よりライターとして参加。帰国後、ラジオパーソナリティ、外資系カード会社のPRを経てオーガニックコスメブランドの『アヴェダ』へ。10年間PRとして活躍し、2012年3月退職。マクロビオティックを研究したのち、製菓学校と和菓子店での和菓子修業を両立。2016年、代々木上原に「和のかし 巡(めぐり)」を立ち上げる。
http://www.wa-meguri.com

撮影:上重泰秀(完成)/西山 航、武蔵俊介(工程)