【コンフィチュール・ド・ノエル】フランス最高のパティシエに教わる、クグロフに添えたい絶品コンフィチュール

もうすぐクリスマス、おいしいコンフィチュールを添えたクグロフを用意してはいかが。ご紹介するのは、フランス最高のパティシエ、フレデリック・カッセル氏監修のレシピで作る、その名もクリスマスのコンフィチュール。「セミドライフルーツやほかの材料は多いほうが美味しいけれど、家にあるものだけでもいいよ」とカッセル氏。果汁は絞ってもいいですし、市販の果汁100%ジュースを利用してもOK。クグロフに添えるほか、フォアグラと合わせるのも美味です。

材料(容量250gの瓶4個分)

【A】りんご果汁(または洋梨果汁)
450ml
【A】グラニュー糖
400g
【B】タヒチ産ヴァニラ
1本
【B】[香辛料]
 【B】シナモンスティック
1本
 【B】クローブ
1g
 【B】コリアンダーシード
1g
【C】[セミドライフルーツ]
 【C】セミドライのアプリコット
50g
 【C】セミドライのいちじく
50g
 【C】セミドライの洋梨
50g
【C】オレンジピールの角切り
25g
【C】レモンピールの角切り
25g
【C】サルタナレーズン
50g
【C】マロングラッセ
2粒
【C】アンジェリック(ふきのコンフィ)
20g
【C】[ナッツ類]
 【C】くるみ
50g
 【C】皮つきアーモンド
50g
 【C】ノワゼット
50g

作り方

  1. 1セミドライフルーツ、マロングラッセ、アンジェリックは細かく切る。
  2. 2鍋にAを入れて火にかけ、沸騰させる。
  3. 3Bを加え、蓋をして10分間おき、香りを移す。
  4. 43を漉し、鍋に戻す。
    Cを加え、火にかける。
    沸騰したら、中火で15分ほど混ぜながら煮詰める。
    熱いうちに煮沸消毒した瓶に詰める。
  5. <関連記事>
    ・【レシピ・ババ・オ・ロム】フランス最高のパティシエに教わる、家庭で作れる焼き菓子
    ・【レシピ・ジュレ・ド・ フレーズ】最高のパティシエが教える、とっておきのいちごのジュレ
    ・【レシピ・サオトゥボ】フランス最高のパティシエのレシピで作る! とろけるフォンダン・ショコラ

    監修:フレデリック・カッセル/1967年フランス北部アブヴィルに生まれる。ポール・マニュにて飴細工を学んでいた頃にピエール・エルメ氏と出逢い、1988年「フォーション」入社。エルメ氏から「最高の素材と厳格な仕事」を学ぶ。1994年フォンテーヌブローに「Frédéric Cassel」オープン。現在、ピエール・エルメ氏とはよき友人であり、ルレ・デセールの会長・副会長としてもフランス菓子発展に携わり、最高のパティスリーを世界中に伝えている。Pâtissier de l’année(最優秀パティシエ賞)ほか受賞多数。

    撮影:武田正彦

    フレデリック・カッセル 初めてのスイーツ・バイブルの関連記事