プロに教わる、クリスマスのおもてなし。きんとんの和菓子「聖夜」を作ってみよう

クリスマスの足音が近づいてきました。今週はこの時期にぴったりの和菓子を、家庭料理の大家・榊せい子さんに教えていただきます。「クリスマスの頃には遊び心を加え、きんとんのツリーを。同じ材料でも、見た目で季節を表すのが和菓子作りの楽しみのひとつです」。

材料(10個分)

小豆のこし餡(市販品)
130g
白のこし餡(市販品)
380g
食用色素(緑)
少量
(あれば)銀箔
適宜

作り方

  1. 1小豆のこし餡は、1個13gの餡玉にする。
  2. 2少量の水に食用色素(緑)を溶かす。白のこし餡のうちの300gに少しずつ加えながら緑に着色する。
  3. 3きんとん通しで2を漉し、そぼろにする。
  4. 4残りの白のこし餡は裏漉し器で漉して、細かいそぼろにする。
  5. 5ツリーに見立てて、小豆の餡玉に、緑のそぼろを上が細くなるようつけ、白のそぼろを雪に見立てて部分的につける。
  6. 6仕上げに銀箔をてっぺんにあしらう。

Point

きんとん通し
きんとんを作るときに欠かせない道具です。餡を裏漉ししてそぼろ状にし、先の細い箸を用いて餡玉の上にのせていきます。藤や竹製のものが本格的ですが、ステンレス製のものが扱いやすく便利です。

市販の餡でも作れますが、ぜひ手製で餡から作ってみてください。ご紹介した榊せい子さんの著書『12か月のおうち懐石』では、電子レンジも使った、ご家庭でも作りやすい餡のレシピをご紹介しています。

<関連記事>
●【レシピ・隼人うりと柿の酢のもの】旬の食材でさっと作れるおいしい一品を家庭料理の大家に教わる!
●【サフランピラフ】榊 せい子さんに教わるおうち懐石で、クリスマスのおもてなしを

榊せい子(さかき せいこ)/料理家、裏千家正教授。1948年三重県伊賀市生まれ。帝塚山学院大学美学美術史学科卒業。父は書家の、故・榊 莫山。中学の頃から母について茶道を学ぶ。現在は、伊賀上野の邸宅で茶道を教えながら、四季折々の料理とお菓子でもてなす茶事・茶会を開く。著書は『榊 莫山家の茶懐石のおもてなし』『季節を愉しむ きものごよみ』(ともに世界文化社刊)。

撮影:森山雅智

12か月のおうち懐石の関連記事