小麦・卵・乳製品を使わずに作る、かぼちゃ丸ごと寒天クッキーが美味しい!

明日2月16日は「寒天の日」です。そこで今週ご紹介するのは、寒天と米粉を使って作る、かぼちゃのクッキー。教えてくださるのは、アレルギー対応料理教室『コメコメ・キッチン』を主宰する伊藤ミホさんです。食物アレルギーのお子さんのために考案した、身体にやさしくて美味しいレシピ。ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。

材料(約24個分)

【A】製菓用米粉
25g
【A】コーンスターチ
25g
【A】甜菜糖
20g
【A】粉寒天
2g
【A】自然塩
ひとつまみ
ショートニング
15g
かぼちゃ(軟らかくなるまで加熱したもの)
45g

作り方

  1. 1Aの粉類をポリ袋に入れ、片手で袋の口をつかんで、もう片方の手で袋の底をポンポンとはずませる。粉類がまんべんなく混ざるように。
  2. 21の袋にショートニングを入れて、両方の手のひらで袋の上からスリスリとすり混ぜる。ダマがあったらスリスリしてつぶす。そこにかぼちゃを加え、実も皮もしっかりとつぶしながら、手のひらの上でコネコネして混ぜる。
  3. 3ラップにはさんで麺棒で約5mmの厚さに伸ばし、型で抜く。
  4. 4160℃に温めたオーブンで23~26分ほど焼く。焼き上がったらオーブンから出し、天板の上で冷ます。指先で触ってフニャっとするようなら焼き時間を延ばす。

Point

栄養価の高いかぼちゃの皮も全部使ったクッキーです。水分が多いかぼちゃだと固く焼き上がるので、ホクホクしたかぼちゃを使ってサクッとした焼き上がりを楽しんでください。

伊藤ミホ(いとう みほ)/東京都在住。外資系総合商社勤務を経て、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジデザイン学部 修士課程に学ぶ。帰国後、環境と健康をテーマとした雑誌の編集部に所属。イタリア スローフード協会発『slow』日本語版・季刊誌『スローフード』の編集を担当。出産した長男に重度の食物アレルギー、アトピー、喘息があったため、小麦・卵・乳製品・大豆・ナッツを使わないお菓子や料理を工夫しながら作るようになる。東日本大震災を機に、被災地に義援金を送るためにアレルギー対応料理のレシピを教える活動を始める。退職後、小麦・卵・乳・ナッツなどを使わないアレルギー対応料理教室『コメコメ・キッチン』を主宰。現在、食物アレルギーを持つ子を育てるママやグルテンフリーに関心を持つ人たちを対象として、「からだにやさしく、おいしい食」を伝える活動をしている。
「コメコメ・キッチン」http://komekomekitchen.blog.fc2.com/

撮影:坂齊 清

寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルトの関連記事