子どもから大人まで人気! スープジャーのお弁当、ピリ辛で美味しい牛肉と豆腐のチゲ

3月4日は「差し入れの日」。大人も子どもも嬉しいスープジャーのお弁当をご紹介します。料理研究家の渡辺あきこさんに教えていただくのは、牛肉と豆腐のチゲ。三寒四温のこの時期に嬉しい、ピリ辛味で体もぽかぽか温まるお弁当です。「調理のポイントは、先に肉をしょうゆとごま油でからめておくこと。こうすることで肉にしっかり味がつきます。キムチの量で辛さを調節しましょう」。

材料(1人分)

牛こま切れ肉
30g
白菜キムチ
10g
絹ごし豆腐
1/6丁
長ねぎ
3cm
少量
【A】ごま油
小さじ1
【A】しょうゆ
小さじ1
【B】鶏がらスープの素(顆粒)
小さじ1/2
【B】水
1と1/2カップ

作り方

  1. 1牛こま切れ肉は2~3cm幅に切り、Aをまぶす。絹ごし豆腐は約2cm角程度にちぎり、ざるにのせて軽く水気をきる。長ねぎは斜め薄切りにする。白菜キムチは2cm幅に切る。
  2. 2鍋を軽く熱し1の牛肉を炒め、ほぼ色が変わったらB、豆腐、白菜キムチを加える。煮立ったら弱火にし、ふたをして4分煮る。
  3. 32に1の長ねぎを入れて1分煮て、塩で味をととのえて火を止める。
  4. 4熱いうちにジャーに移す。

point

元気が出る食材「キムチ」
キムチに含まれる乳酸菌は、腸内の有害細菌の増殖を抑える働きがあり、腸内環境をととのえてくれます。また、生の白菜、大根、にんじんが入っているのでビタミンCを効率よく摂取することができます。
渡辺あきこ(わたなべ あきこ)/料理研究家。料理学校の講師を務め、その後独立。現在は、雑誌、書籍、テレビ、新聞、講習会などで活躍中。和食を中心とした基本を踏まえた家庭料理を得意とする。著書に『毎日つくる園児のおべんとう』(大泉書店)、『渡辺あきこの東大合格ごはん』(主婦の友社)など多数。

撮影:大見謝星斗

こどもが喜ぶ スープジャーのお弁当の関連記事