忙しくてもちゃんと食べたい! 手軽さを感じさせない時短料理「牛肉のケチャップ漬けトマト煮込み」

忙しい現代人の頼もしい味方は「漬けるおかず」。本日、料理研究家のワタナベマキさんに教えていただく「漬けるおかず」は、なんとケチャップ漬けです。時間のあるときに漬けておけば、食べたいときにさっと取り出して煮るだけで、美味しい一品の出来上がり。しかも漬けた分だけ旨みもアップ! まだ挑戦していないかたは、ぜひ作ってみてください。この手軽さはクセになります。

ケチャップだれ(作りやすい分量)

ケチャップ
大さじ3
ウスターソース
大さじ2
赤ワイン
大さじ2
小さじ1/2

材料(2人分)

牛こま切れ肉
300g(うち200gを使用)
ケチャップだれ
全量
ホールトマト(缶詰)
1缶(400g)
玉ねぎ
1個
マッシュルーム
6個
さやいんげん(端を切る)
12本
にんにく(つぶす)
1かけ分
赤ワイン
150ml
しょうゆ
小さじ2
小さじ1/4
粗びき黒こしょう
少量
オリーブ油
小さじ1

作り方

  1. 準備1牛肉のケチャップ漬けを作る
    ケチャップだれの材料をすべて混ぜ合わせる。
    ※ケチャップだれは、密閉容器に入れて冷蔵庫で約10日間保存可能。
  2. 準備2ケチャップだれに牛肉を入れて、よくもみ込む。食材にぴったりとラップを貼りつけて冷蔵庫で漬ける。
    ※食べごろは、漬けてから2~3日目。保存期間は5日間。
  3. 1玉ねぎは繊維に沿って薄切りに、マッシュルームはいしづきを取り、2等分する。
  4. 2鍋ににんにくとオリーブ油を入れ中火にかける。香りがたったら玉ねぎを入れて透き通るまで炒め、牛肉のケチャップ漬け200gを加えて焼き目がつくまで炒める。
  5. 3ホールトマトをへらで崩しながら加え、赤ワインを加えてひと煮立ちさせる。あくをとって弱火にしマッシュルームを加え、12分ほど煮て、さやいんげんを加えてさらに8分煮る。しょうゆ、塩、こしょうを加え、味をととのえる。

Point

ケチャップ漬けのお肉を使えば、短時間でもじっくり煮込んだような味わいに。形を残したさやいんげんが彩りだけでなく、食感のアクセントにもなります。

ワタナベマキ/料理家。グラフィックデザイナーを経て2005年に「サルビア給食室」として料理の活動を始める。独創的でオリジナリティに溢れた、素材の組み合わせと、作りやすく、毎日のごはんに真似したくなるレシピにファンが多い。ナチュラルでスタイリッシュなライフスタイルにも定評がある。『冷凍保存ですぐできる絶品おかず』(家の光協会)、『アジアのごはん』(主婦と生活社)など著書多数。

撮影:新居明子

味つけいらずで、すぐ絶品。漬けるおかずの関連記事