【レシピ・鶏のヨーグルト漬け焼き】漬けておいて食べたいときに焼くだけ!

忙しくて料理に手間をかける時間も惜しい。でも、しっかり食べたい。そんなときに重宝するのが作りおきですが、そのラインナップに思わず加えておきたくなるのが、今日ご紹介する「漬けるおかず」。時間のあるときに「たれ」や「漬け床」に漬けておけば、食べたいときに焼くだけ・煮るだけ・切るだけで絶品おかずが出来上がり。今回、料理研究家のワタナベマキさんに教えていただくのは、ヨーグルト漬けの鶏焼きです。保存がきく上に、ヨーグルトに漬けることで、やわらかくジューシーな鶏むね肉が食べられるという一石二鳥のこの料理方法、くせになること請け合いです。

ヨーグルトだれの準備(作りやすい分量)

ヨーグルト
400g
小さじ1と1/2
大さじ3

材料(2人分)

鶏むね肉
300g
ヨーグルトだれ
大さじ5
オリーブ油
小さじ2
少量
紫玉ねぎ(くし形切り)
適宜
レモン
適宜
マスタード
適宜

作り方

  1. 準備ヨーグルトだれの材料をすべてよく混ぜ合わせる。味つけは塩のみとシンプルですが、ヨーグルトのコクが味を深めます。調理時に火を通すと、ヨーグルトの酸味はまったく残りません。作ったヨーグルトだれは、密閉容器に入れて冷蔵庫で約10日間保存可能。
  2. 1漬ける
    鶏むね肉は包丁で切れ目を入れて、厚さを均一にする。表面の水分をペーパータオルでふく。保存容器に入れ、上からヨーグルトだれとオリーブ油を加えてよくもみ込む。お酒が入るので、ヨーグルトだれによくからみます。
  3. 2上から食材にぴったりとラップを貼りつけて冷蔵庫で漬ける。食べごろは、漬けてから2~3日目。保存期間は5日間。
  4. 3焼く
    フライパンを中火で熱し、オリーブ油小さじ2(分量外)を入れる。2をヨーグルトを軽くぬぐって並べ入れ、こんがり焼き色がつくまで焼く。
  5. 4裏返して弱火にし、8分ほど焼き、塩で味を調える。好みで紫玉ねぎ、レモン、マスタードを添える。

Point

ヨーグルトの力で、肉はやわらかく、ジューシーになります。たっぷりのたれに沈める必要はありません。表面にまんべんなくつける程度でOK。弱火でじっくり焼くと、よりしっとり仕上がります。皮を取るか取らないかはお好みでどうぞ。

ワタナベマキ/料理家。グラフィックデザイナーを経て2005年に「サルビア給食室」として料理の活動を始める。独創的でオリジナリティに溢れた、素材の組み合わせと、作りやすく、毎日のごはんに真似したくなるレシピにファンが多い。ナチュラルでスタイリッシュなライフスタイルにも定評がある。『冷凍保存ですぐできる絶品おかず』(家の光協会)、『アジアのごはん』(主婦と生活社)など著書多数。

撮影:新居明子