料理初心者も絶対美味しく作れる! プロに教わる基本の焼き餃子

カリッとした焼き目と、あふれる肉汁。想像するだけでお腹が鳴る焼き餃子は、お料理ビギナーでも挑戦したい料理のひとつ。今日は人気の料理研究家・藤井 恵さんに、お料理ビギナーでも美味しく作れるレシピを教えていただきます。話題の酢コショウで、プロ気分も味わえる美味しさです。

材料(2人分)

豚ひき肉
200g
キャベツ
200g
小さじ1/2
【A】しょうが(すりおろす)
大さじ1
【A】しょうゆ
大さじ1/2
【A】酒
大さじ1/2
【A】片栗粉
大さじ1
【A】サラダ油
大さじ1/2
【A】ごま油
大さじ1/2
餃子の皮
大18枚
サラダ油
大さじ1/2
ごま油
小さじ1/2
【B】酢
適量
【B】こしょう
適量

作り方

  1. 1下ごしらえをする
    キャベツは葉脈と葉に切り分け、葉はみじん切りにする。葉脈は薄切りにしてからみじん切りにする。合わせてボウルに入れ、塩をふって箸で混ぜ、しんなりするまでおく。
  2. 2肉だねを作る
    別のボウルにひき肉を入れ、Aを順に1種類ずつ加え、その都度よく混ぜる。キャベツを水気を絞って加え、手で混ぜ、18等分する。
    ※絞り過ぎはNG
  3. 3皮で包む
    餃子の皮半量を重ねて持ち、縁を軽くもんで広げ、包みやすくする。残りも同様にする。皮の縁に水適量(分量外)を塗り、2の1/18量をのせる。皮を半分に折り、中央で1か所とめ、端からひだを寄せながら包んで口を閉じる。残りも同様に計18個作る。
    ※空気を抜きながら包む
  4. 4焼く
    フライパンに弱火でサラダ油大さじ1/2を熱し、3を並べ、中火にし、薄く焼き色が付くまで焼く。水1カップ(分量外)を縁から加えて強火にし、煮立ったらふたをして強めの中火で水気がほとんどなくなるまで7~8分蒸し焼きにする。
    ※火が弱いと皮がふやけてのび、食感が悪くなる
  5. 5水気がほとんどなくなったらふたを取り、ごま油を回し入れ、強火で焼き色を付け、フライパンをゆすって自然にはがれるようになるまで焼く。
  6. 6器に5を盛り、混ぜ合わせたBを添える。


  7. こちらでご紹介した内容は、藤井 恵さんの著書『動画でわかる! 藤井恵の基本のお料理教室』に掲載されています。具体的なやり方がわかる動画も公開中。本書掲載のQRコードからアクセスできます。

    藤井 恵(ふじい めぐみ)/料理研究家。管理栄養士。女子栄養大学栄養学部卒業。ふだんのおうちごはんをおいしくてヘルシーな特別な一品に仕立てるワザで大人気。本書は料理家生活22年、二女の社会人デビューを記念して上梓。すべてのお料理ビギナーに「失敗しないコツ」と「ラクに楽しく」のメッセージを込めた一冊。著書多数。

    撮影:野口健志

    動画でわかる! 藤井恵の基本のお料理教室の関連記事