人気のレストランに教わるグリルチキンサンドウィッチが、朝からパワーをくれる!

週の初めにお気に入りの朝ごはんを食べれば、元気いっぱいに一週間を過ごせます。本日は、美味しいグリルチキンサンドウィッチを、東京・南青山にあるオールデイ・ブレックファースト・スタイルのレストラン「クリントン ストリート ベイキング カンパニー」に教わります。ヘルシーなムネ肉をマリネ液に漬けてから焼くので、仕上がりはしっとりジューシー。そのうえローカロリーで美味しい! パワーチャージをしたい週明けの朝ごはんにぴったりです。

材料(2人分)

オリーブオイル
大さじ1
ニンニク(みじん切り)
大さじ1
タイム(葉のみ)
大さじ1
少々
鶏ムネ肉
2枚
ベーコン
4枚
カンパーニュ(厚さ約1センチ)
4枚
チポレマヨ(Point1参照)
大さじ2
ロメインレタス
5~6枚
アボカド
1/2個
トマト(スライス)
4枚

作り方

  1. 1オリーブオイルにみじん切りにしたニンニク、タイムの葉、塩を混ぜてマリネ液をつくり、鶏ムネ肉をあえる。
  2. 2フライパンに鶏肉を入れ、油をひかずにそのまま焼く。中まで火が通っているか確認したら取り出す。ベーコンはカリカリに焼き、長さを半分にカットする。
  3. 3パンにチポレマヨをたっぷり塗る。野菜がのるので多めに。ロメインレタスをパンの大きさに合わせて切ってのせる。
  4. 4スライストマト、スプーンで薄くすくったアボカドをのせる。
  5. 5鶏肉、半分にカットしたベーコンをのせ、もう1枚のパンでサンドする。

Point1

チポレマヨの作り方
メキシコ料理に用いられるチポレペーストを混ぜたマヨネーズ。グリルチキンサンドウィッチとの相性も抜群。
【材料(作りやすい分量)】
・チポレペースト…小さじ2/3
・マヨネーズ…250g

【作り方】
チポレペーストとマヨネーズを混ぜ合わせれば完成。チポレペーストはスモークしたハラペーニョをトマトベースのアドボソースに漬けたもので、缶詰で売られている。余ったら、独特の香りと辛みを生かして煮込み料理やパスタ、ピザなどのアクセントとしても幅広く使える。

Point2

鶏ムネ肉は厚い部分に火が通りにくく、かといって焼きすぎるとパサパサになってしまうので、厚い部分に包丁を入れ、厚さを均等にする。切れ目を入れると火も通りやすくなる。
パンはお好みのものでOKだが、酸味が強めのカンパーニュがよく合う。

クリントン ストリート ベイキング カンパニー/2001年4月、ニール・クレインバーグと妻のディディ・ラーマンがニューヨークのクリントンSt.にオープンした、オールデイ・ブレックファースト・スタイルのレストラン。自慢のブルーベリー・パンケーキ、エッグベネディクト、シンプルだけどおいしいメニューが本場の味そのままに2013年8月、東京・南青山に上陸。
http://www.clintonstreetbaking.co.jp

撮影:海老原俊之

クリントン ストリート ベイキング カンパニー とびきりの朝食レシピの関連記事