かじきの赤みそシチューかけご飯は、プロに教わる目からウロコのごちそうメニュー

そろそろかじきがおいしい季節がやってきます。そこで、本日はかじきを使った手軽で美味しいかけご飯を、『毎日使える! ラクうまごはん』の著者で料理研究家の髙井英克さんに教わります。

シチューをご飯にかけて手軽なワンプレートにすると、目にも楽しいごちそうメニューに。ルウは使わず、里いものぬめりでとろみをつけました。さらっとした口当たりながら、赤みそのコクが満足感を高めます。

材料(2人分)

ご飯
茶碗2杯分
かじき
2切れ
塩・こしょう・薄力粉
各適量
里いも
100g
エリンギ
2本
玉ねぎ
1/2個
【A】だし汁
300ml
【A】みりん・酒
各大さじ1
【A】しょうゆ
小さじ1
赤みそ
大さじ2
サラダ油
大さじ2
洗いねぎ(Point1参照)
10cm分
黒七味
少々

作り方

  1. 1かじきは塩、こしょうをふって薄力粉を薄くまぶす。里いもは皮をむいて食べやすく切り、エリンギは縦半分に切って長さを半分に切る。玉ねぎはくし形に切る。
  2. 2フライパンにサラダ油を中火で熱し、1を並べ、両面に焼き色がつくまで焼く。【A】を加えて中火で煮、里いもが柔らかくなったら、みそを少量の煮汁で溶いて加え、からめながらとろみが出るまで煮る。
  3. 3器にご飯を盛って2をかけ、洗いねぎを添えて黒七味をふる。

Point1

洗いねぎ
長ねぎは辛味が強いので、薬味として生食するときはもみ洗いをして辛味を少し落とし、風味のみを楽しみます。小口切りにして布巾に包み、水を張ったボウルの中でもんでぬめりを取り、きつく絞って使います。

Point2

底面の広いフライパンで煮ると早く火が通ります。里いもを柔らかく煮て、ぬめりを出してからみそを溶き入れます。

Point3

里いものぬめりがとろみのもと。最後に少し煮詰め、とろりと仕上げます。

髙井英克(たかい ひでかつ)/京都、東京の日本料理の名店で修業を積み、料理研究家として独立。料理人としての経験と確かな知識をもとに、家庭でも作りやすくておいしい和食を教える料理教室は、予約がとれないほどの人気。東京を中心に、テレビや雑誌、書籍などで活躍。著書に『楽うま和食塾』(主婦の友社刊)などがある。
http://www.hidekatsu-takai.com/home

撮影:鈴木一彦

毎日使える!ラクうまごはんの関連記事