鶏ささみと卵白のホワイトオムレツで、ヘルシーでホワイトなクリスマスのすすめ

クリスマスといえば鶏料理を食べるかたが多いと思いますが、できればヘルシーに、かつおいしく鶏肉を味わいたいというかたに朗報。高タンパク低カロリー食レストラン「筋肉食堂」を運営する谷川俊平さんが、筋肉食堂で人気のレシピを家庭用にアレンジしてくださいました。鶏ささみと卵白を使ったホワイトオムレツ、ぜひお試しあれ。

材料(1人分)

鶏ささみ肉
2本(約140g)
卵白
2個分(約80g)
絹豆腐
1/2丁(約150g)
液味噌
大さじ2
米油
小さじ2
トマトソース(市販)
80g
サニーレタス
適量
トレビス
適量
ドライパセリ
少々

作り方

  1. 1サニーレタスとトレビスは食べやすい大きさに切る。
  2. 2鶏ささみを火が通るまでゆで、筋を取り除いたら、1cm目安の角切りにする。絹豆腐は軽く水切りし、1cm角くらいに切る。
  3. 3卵白をホイッパーで角が立つまで攪拌する。
  4. 4フライパンに2、液味噌を入れて中火で熱し、よくかき混ぜながらひと煮立ちさせる。
  5. 522cmくらいのフライパンに米油をひいて中火で熱し、3を入れて広げたらふたをし、薄く焼き目がつくまで焼く。4を中央に置き、手早く包む。
  6. 6器に盛り、1を添える。温めたトマトソースをかけ、ドライパセリをふる。

Point

栄養データ(料理1皿、1名分の栄養データです)
エネルギー …… 466kcal
糖質 …… 12.8g
脂質 …… 15.9g
タンパク質 …… 55.1g

谷川俊平(たにがわ しゅんぺい)/高タンパク低カロリー食レストラン「筋肉食堂」を運営するTANPAC株式会社マネージャー。1983年大分県生まれ。福岡大学スポーツ科学部卒業後、スポーツジム「TOTAL Workout」に入社。トップアスリートや有名芸能人のボディメイクを10年間担当。「最高のカラダ作りには食事が9割」を痛感し、2015年、おいしく食べてボディメイクができる食事を提供するレストラン「筋肉食堂」をオープン。カラダが喜ぶメニューの開発やベストパフォーマンスのための食の啓発活動に力を入れている。

撮影:田辺エリ

筋肉食堂 3日で実感! おなかが凹む! 最強の食べ方の関連記事