人気の洋食店に教わる、本当においしいローストチキンを家庭で作る方法

クリスマスはおいしいローストチキンの出番。今年は手作りで丸焼きに挑戦してみませんか。東京・浅草の人気洋食店「レストラン大宮」オーナーシェフの大宮勝雄さんに、本当においしく作れるローストチキンの作り方を教えていただきます。「皮はつややかでパリッと張り、身はふっくらジューシーな鶏肉の丸焼き。クリスマスなど人が集うときのちょっとしたサプライズにどうぞ。オーブンに入れっぱなしで焼け、調味料は塩、こしょうとハーブだけ。ぜひトライしてください」。

材料(作りやすい分量)

若鶏
1羽
【A】タイム(生)
2枝
【A】ローズマリー(生)
1枝
【A】にんにく(つぶす)
1個
12g
こしょう
適量
粒マスタード
適量
付け合わせ:パセリ・グリーンカール
各適量

作り方

  1. 1若鶏は首の骨の両脇に包丁を入れ、はさみで首元から切り、切り口を皮でおおう。
  2. 2裏返し、手羽を左右とも胴体の下に入れる。
  3. 31mほどのたこ糸の中央部分を使って、足にたこ糸を8の字にかける。
  4. 4両手で左右のたこ糸を引っぱり、もも肉の付け根部分にきたらそのまま裏返す。
  5. 51の皮でおおった首のところで、たこ糸をしばる。
  6. 6再び裏返し、たこ糸でしばり終えた状態。これで下準備が終了。
  7. 7鶏の内部に塩2g、こしょうをし、Aを入れる。
  8. 8表面全体に塩10gをすりこんで、30分~1時間おく。オーブンを250℃に予熱する。
  9. 98を焼き色がつくまで約10~20分焼き、取り出して鶏肉から出た脂を全体にかける。オーブンの温度を180~190℃に下げ、3分おきに上面とももの付け根に脂をかけながら約20分焼く。

Chef’s Advice

最初に高温で表面を焼き固め、そのあと低温でじっくりと蒸し焼きにすれば、柔らかく焼き上がります。上面は焦げやすく、もものつけ根の部分は焼けにくいので、どちらも脂をかけながら焼くとまんべんなく火が入りますよ。たこ糸でしばるのは、焼き上がったときに手羽や足の部分がだらしなくならないように。見た目もおいしさの一部ですから。

Point

上手なオーブンの使い方
オーブン料理はオーブンに入れて「あとはお任せ」で手軽ですが、オーブンの種類によって仕上がりに差が出ます。
オーブンには電気とガスがあり、電気はガスに比べて熱量が弱く、最高温度が250℃前後のものがほとんど。また開閉による温度変化も激しいため、予熱時は高めに設定し、焼き始めて安定してから温度を下げましょう。
反対にガスは火力が強いため、20~30℃低めに設定します。どちらのオーブンも予熱は必要です。いざ焼こうと思ったときに、オーブンが温まってない、なんてことがないように注意しましょう。
ご紹介したレシピは電気オーブンの温度設定です。

明日は、丸ごと焼いたローストチキンを上手に切り分ける方法をご紹介します。

大宮勝雄(おおみや かつお)/1950年生まれ。東京・浅草「レストラン大宮」オーナーシェフ。フランス料理の修業をしたのち、26歳でニュージーランドのホテルでスーシェフに。28歳のときにイギリス、フランス、ギリシャ、モロッコなどを車で回り、その土地その土地の料理や文化を学ぶ。82年に、地元浅草に「レストラン大宮」を開店。以来30年、変わらず人気を博している。2007年には、新丸の内ビルディングに2店目をオープン。趣味はアウトドア。

撮影:高橋栄一

本当においしく作れる 洋食の関連記事