【レシピ・たっぷり根菜と鶏つくねの粕鍋】根菜がおいしい季節のあったかお鍋。豆乳で作ります

11月に入り、ぐっと秋が深まってきました。そこで今日は酒粕を使った鍋料理をご紹介します。ごぼう、れんこん、にんじんといった根菜を火の通りやすい大きさに切って、鶏つくねと一緒に鍋へ投入。昆布や白だしなど、お好みのだし汁で酒粕をよくのばして作るのがポイントです。教えてくださるのは、料理研究家の柳瀬真澄さんです。

材料(4人分)

鶏ひき肉
300g
ごぼう
1本
れんこん
1/2節
にんじん
1/2本
大根
10cm
春菊
1株
【A】長ねぎみじん切り
40g
【A】しょうが汁
小さじ1
【A】片栗粉
大さじ1
【A】卵
1個
【A】酒
小さじ2
【A】塩麹
小さじ1
ゆずの皮
適量
煮汁
 だし汁
3カップ
 豆乳
2カップ
 酒粕
80g
 味噌
大さじ3

作り方

  1. 1【下ごしらえ】
    鶏つくねを作る。ボウルに鶏ひき肉、Aを入れてよく練り合わせておく。
  2. 2ごぼうは斜め薄切り、れんこんは皮をむき3mm厚さの半月切りにしてそれぞれ酢水(分量外)にさらす。にんじんは皮をむいて薄切り、大根は皮をむいて5mm厚さのいちょう切り、春菊は根元を切り落とし3等分にざく切りにする。
  3. 3ゆずの皮は白い部分をそぎ、千切りにして水にさらす。
  4. 4【鍋を作る】
    鍋にだし汁を入れて温め、酒粕を入れてよくのばす。酒粕が溶けたら、豆乳、味噌を加えて、泡立て器でよく混ぜる。
  5. 5ごぼう、れんこん、大根を入れて沸騰したら鶏つくねを入れる。アクを取り除き、にんじんを加える。
  6. 6材料に火が通ったら春菊を加えてひと煮立ちさせる。

Point1

鶏つくねのたねは、2本のスプーンを使って、だんご状に形を整えながら鍋に入れていきましょう。

Point2

酒粕はだし汁でのばして使うこと!
酒粕は溶けにくいので、ソース状になるまでだし汁でのばしてから使いましょう。豆乳のかわりに牛乳、鶏つくねのかわりに豚肉でも美味しくいただけます。

Point3

[おすすめの食べ方]ゆずの皮を散らしてさわやかさをプラス!
ゆずの皮を散らして食べるとさわやかさがプラスされ、独特な酒粕の香りも緩和されます。

柳瀬真澄(やなせ ますみ)/フードコーディネーター・料理研究家。料理教室「SUZU COOKING SALON」主宰。元キャラクターデザイナー。1996年より料理の道に進み、大手料理教室の講師を務めるかたわらデザイナーという職業であったことから、食をデザインすることに興味を持つ。その後、「食」の魅力をさまざまな角度から表現したい!という想いが膨らみ、フードコーディネーターに転身する。雑誌、TV、広告などを中心に調理、盛り付け、スタイリングのトータルフードコーディネートの他に、レシピ提案、メニュー開発、商品開発サポート、パッケージデザイン提案や料理教室など幅広い分野で活動中。
http://www.foodcreator.jp/

撮影:奥村暢欣 市瀬真以