【レシピ・バキバキもやしの鶏つくね】ふわふわつくね+バキバキもやしの新食感が美味い!

梅雨の時季はなんとなく憂鬱な気分になりがちですが、そんな時こそ、おいしいものを食べて元気を出しましょう。今日ご紹介するのは、みんな大好きふわっふわっのつくねと、バキバキッのもやしがリスペクトし合って生まれた新食感の逸品。人気料理研究家・きじまりゅうたさんのレシピです。

材料(2人分)

もやし
1/2袋
鶏ももひき肉
200g
【A】卵白
1個分
【A】片栗粉
大さじ1
【A】酒
大さじ1/2
【A】塩
少々
サラダ油
大さじ1/2
【B】水
大さじ4
【B】酒
大さじ1と1/2
【B】しょうゆ
大さじ1と1/2
【B】砂糖
大さじ1
【B】みりん
大さじ1
【B】片栗粉
大さじ1/2
青ねぎ(小口切り)
適量
卵黄
1個

作り方

  1. 1ボウルにひき肉を入れて粘りが出るまで練り、Aを混ぜ合わせて加える。もやしを入れ、手でもむようにしてつぶしながら混ぜ、たねを作る。
  2. 2フライパンにサラダ油を入れ、1のたねを12等分してスプーンですくって並べて、中火にかける。焼き色がついたら裏返し、ふたをして約3分蒸し焼きにし、ふたを取って器に盛る。
  3. 3フライパンをペーパータオルでサッと拭き、Bを混ぜ合わせて入れる。すばやく混ぜながらとろみをつけ、2にかける。青ねぎを散らし、卵黄を溶いてかける。
  4. <関連記事>
    ●【コラム】おサイフの優等生「もやし」をおいしく使いこなす!達人になるための5つの基礎知識

    きじまりゅうた/料理研究家。祖母は料理研究家の村上昭子さん、母は同じく料理研究家の杵島直美さんという家庭に育ち、自身も料理研究家の道へと進む。現在は、男性のリアルな視点から考えた「若い世代にもムリのない料理」を提案。テレビや雑誌を中心に活躍し、自身の料理教室も開催している。主な著書に『ぜんぶ 簡単どんぶり』(世界文化社)など。
    ブログ「きじまりゅうたのダイドコログ」http://www.daidokolog.com/

    撮影:伏見早織